オナホールは温めた方が気持ちいい?冬場におすすめの温め方

PARTNER編集部
公開, 更新 , 男のオナニー

男性なら1度は使ったことがあるオナホール。オナホールを使うときはそのまま使うことが多いですが、特に冬場などローションの冷たさで萎えてしまった人もいるかもしれません。

オナホールが冷たいままだとせっかくの気持ちよさも半減します。リアルな女性の膣に挿入している感覚を得るためにはオナホール温める方法が有効です。

オナホールは温めたほうがいい?

オナホールは温めたほうがいいのでしょうか?温めないとどうなるか、実際に使ってみると分かりますが、まずオナホールの冷たさを直に感じてしまいます。特に冬は冷たくなってしまう時期。

オナホールはシリコン製ですので冷えやすく、そのまま使ってしまうとペニスにダイレクトに冷たさが伝わってしまい、気持ちよさが半減します。また、温めたオナホールとそうでない場合とでは、温めて使ったほうが何倍も気持ちいいというメリットがあります。

「オナホールと女性器の違いは温かさ」と言われるほど、オナホールの温度は大切。オナホールを温めて一番気持ちよく感じる季節はやはり冬です。周りが寒い中で温かいオナホールの中にペニスを突っ込むときは最高に気持ちいい瞬間です。

オナホールの冷たさを感じないことと、女性器のような温かさを挿入時に味わえること、この2点がオナホールを温めたほうがいい理由です。

オナホールの温め方

挿入時の冷たさや温かさで快感を得るためにはオナホールを温める必要があります。どのような温め方があるのか、5つ紹介していきますので試してみて下さい。

お湯で温める

一番スタンダードな方法は、オナホールをお湯で温めること。メリットは家にあるものだけですぐに温めることができる点。お湯を入れる容器はオナホールが入るくらいのサイズのものを選びましょう。

また、底の深さにも注意したいところですが、オナホールは浮いてしまうため、上から重りを載せて全部浸からせるか、ふたを載せて温かい空気を閉じ込めてしまいましょう。

お湯の温度は注意が必要で、高温すぎるとオナホールが変形したり、溶けてしまったりする場合もあります。温度は人が温かいと感じるくらいの45度程度でいいでしょう。お湯につける時間は10分~20分。

長ければ長いほど温度が高まりますので、高温を保つ時間も長くなります。温めたあとは、タオルでしっかり水滴を拭きますが、この拭いている時間でオナホールが徐々に冷えてくるので、ざっと素早く拭いてしまいましょう。

オナホウォーマー

オナホウォーマーはオナホールを温めるだけに作られたアイテム。安価で手に入り、簡単にオナホールの内部を温めることができる優れものです。価格は1,000円もしないくらいで、手軽にネットでも購入できます。

オナホウォーマーをオナホールに5分程度差し込んでおくだけで温めてくれるので、すぐにオナホールを使いたい方にぴったり。お湯のように水分をふき取る手間もないため、温まったらウォーマーを抜いた瞬間にペニスを挿入できます。

オナホウォーマーにはUSBで温めるものもあります。自分の使いたいオナホールにウォーマーを差し込んで、ウォーマーをパソコンなどのUSBポートで温めれば、家でパソコンをいじってる間に温まっていきます。何回も使えるため、コスパが良く、長く愛用できます。

お風呂で温める

お湯で温めることと似ていますが、お風呂を入れる際にオナホールを一緒に浮かべておくという方法もあります。この方法なら、お風呂を沸かすこと、オナホールを温めることの2つを同時に行うことができ、更にお風呂に入りながら温まったオナホールでそのまま全裸でおオナニーができます。

お風呂は常に全裸ですので、すぐに挿入できますし、リラックスして体も温まっていますので最高の環境でオナニーを楽しめます。お風呂場だとオナホールの熱も冷めにくくなります。

しかも、射精後の汚れたオナホールはそのままお風呂場でボディソープを使って洗えます。お風呂場ですべてが完結してしまうということが最大のメリットでしょう。

温めたローションを入れる

オナホールを使う際はローションも一緒に使うと思います。そこで、ローションの方を温めておいて、オナホールに注入すれば内部も温まります。ローションを温める際はレンジで温めてしまうのは危険ですので、やはりお湯で温めるのがいいですね。

ボールにお湯を入れて容器ごと温めるか、お風呂にオナホールと一緒にローションを入れて、湯船に浮かべておくか、の2つの方法で温められます。温まったローションをオナホールに注入して、ペニスを挿入すれば、ヌルヌルで温かい本物の膣のような感触でオナニーを存分に楽しめます。

こたつで温める

冬限定ですが、こたつに入れておくだけもオナホールを温められます。ただ、10分以上の時間はかかりますので、しばらく待つ必要があります。1人暮らしでないとできないデメリットがありますが、自分も温まりながらついでにオナホールも温められますので、手間が全くかかりません。

こたつの中にオナホールを入れておくだけです。冬の寒い時にオナニーをする際はこたつでオナホールを温めてもいいかも。

男のオナニーの人気記事

DeepFakeを使ったおすすめサイト!有名女優のセックス動画が見放題?

風邪のときオナニーするメリット&デメリット

無料で見られるエロ動画サイト10選:オナニーのお供に

フェラシーンのある映画10選:池田エライザのバキュームフェラ?

エビオス錠で精液は増える?精子の増やし方3選