”ピルを飲めば中出しOK”は本当か?ピルの種類と効果

PARTNER編集部
公開, 更新 , 避妊・性感染症

避妊率が99パーセントと言われているピルですが、その効果は本当なのか気になるもの。ピルを飲んでいれば確実に避妊できると思っている男性の多くは中出ししてもいいと思っている人もいるでしょう。

ピルの種類や効果、妊娠する可能性について詳しく知っていきましょう。

ピルの種類

ピルは大きく2つの種類に分類することができます。

OC(低用量経口避妊薬)

低用量経口避妊薬は避妊の効果を期待するもので飲み忘れたりすることがなければ避妊率は99.7%だといわれています。もし飲み忘れてしまった場合ですが、妊娠する確率は高くなるので絶対に飲み忘れてはいけません。

もし子供が欲しいと思い、妊娠を望むようならばピルの服用を中止することで妊娠準備をすることが可能です。

低用量経口避妊薬は他にも効果は様々です。

・生理周期が一定になることで生理不順を改善へと導いてくれる

・生理のときに量が多くて困っている女性はピルを服用することで量が減る

・生理痛・PMS(月経前症候群)を減らすことに期待できる

LEP(低用量エストロゲンープロゲスチン)

低用量エストロゲンープロゲスチンは避妊よりも女性の悩みに対して処方されることが多いです。月経困難症の症状を和らげる効果や子宮系の病気の痛みを軽くしてくれます。

ピルの効果

ピルにはどんな効果があるのか、詳しく見ていきましょう。

生理を早めたり遅らせる

ピルは生理を早めたり遅らせることが可能。女性が飲むのは大事な用事があるときや旅行に行くときに飲む人が多いです。

生理を早めたいときは生理初日から服用して生理がきてほしい日の2日前に服用をやめると出血がはじまります。

生理を遅らせたいときは、生理予定日5日前にピルを服用し、妊娠時と同じホルモン状態に仕上げることで生理を遅らせることができます。

服用を中止して2~3日後に生理が元通りになります。ただし今すぐにピルを飲みたいといってもすぐに効果を発揮できるわけではないので、予定が決まり次第病院に行きましょう。

避妊できる

ピルを飲むことで血液中のホルモンが増えます。実際ホルモンが増えるのは排卵後なので「排卵しています」と脳に指令がいきます。

脳内で排卵はすでに終了したということになります。ただし、ピルだけで病気になる対策はできません。感染症対策をするのであればコンドームを付けることをおすすめします。

生理不順を改善

ピルを服用することで今まで生理が来なかった女性でも生理が来るようになります。一定期間で生理のサイクルが決まるので、ピルのおかげで生理不順を改善することが可能になるのです。

ただしこれは正しい飲み方をしていなくてはできないことなので、医師の指示に従いましょう。

生理痛を和らげる

ピルには生理痛を和らげる効果もあります。女性ホルモンの量が多くなり、血液中のホルモン量も増えます。これは安定期間です。

安定期間に入ることで精神面でも体力面でも安定した状態をキープでき、生理痛も和らいできます。安定することで貧血がある女性でも症状が軽くなることもあります。

ピルの副作用

ピルを飲んでもどんな副作用が起きるか心配だという人は多いもの。ピルを服用することでどんな副作用が起きるのか、まとめてみました。

飲み始め

ピルを飲み始めた最初のうちは出血があったり、胸が張ることがあります。また胃のムカつきが起きる女性もいます。妊娠初期や生理前の症状と似ていますが、これは数日経つと落ち着くので安心してください。

また症状が改善されない場合は副作用がひどい場合は医師に相談するとピルの種類を変更してくれるので一度相談してみるのもいいでしょう。

継続中

ピルを継続中に起きる副作用もあります。たとえば頭痛や息切れ、脱力感やしびれなどの症状があります。こちらの症状は緊急性があるため、すぐに病院に行きましょう。

何日かすれば落ち着くかなと余裕を持て余していると命の危険性にも関わってくる可能性があります。

ピルを飲んでも妊娠する可能性はある?

ピルを飲むことで妊娠する可能性は一切ないと思っている人もたくさんいるのは現実です。99%以上避妊できると言われていますから安心してしまいます。

しかし、服用し忘れた場合は、妊娠する確率は高くなります。また、ピルを飲んでいても性感染症を防止することはできません。

ピルを服用しているとしてもお互いのためを思うなら中出しするのは我慢して、しっかり安心して妊娠しても大丈夫だという時期になってから中出しセックスを楽しむほうがいいでしょう。いくら避妊できるといっても0.1%は確率があるというわけですから、それを頭に入れておいてください。

ピルは避妊に失敗したときも使用できる?

コンドームを付けてセックスしていても外れてしまうこともあるはずです。そんなときもピルは大活躍してくれます。

セックスしてから3日以内にピルを服用することで避妊することができるといわれています。

受精卵の着床を防ぐ方法で緊急避妊法と言われることも。しかし、ピルをたくさん飲んでホルモン量が増えるため頭痛や吐き気などの副作用が起きてしまうことがあります。

避妊・性感染症の人気記事

クリトリスがかゆい時の原因と対処法10選:不安なときは産婦人科へ

”ピルを飲めば中出しOK”は本当か?ピルの種類と効果

[男女別]コンドームが擦れて痛い...その原因と対処法を解説

彼氏がゴムをつけない理由:男に喜んでゴムをつけてもらうには?

ラブホテルのコンドームにまつわる7つの意外な事実:1個10円以下!?