疲れたときに勃起する”疲れマラ”が起こる原因

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 男のセックスの悩み

通常、男性器が勃起するシチュエーションといえば性的な興奮を覚えた場合、例えば自慰のためにAVなどを見ている状態や、女性とのセックスに身を投じている状態です。

けれども、性的な興奮を覚えず、かつ疲れているのに自分の意思に反して何故か勃起してしまう場合があります。それが「疲れマラ」と呼ばれるものです。

疲れマラとは

shttefan-472897-unsplash疲れマラとはその名の通り「心身が疲れている状態であり本人に勃起の意思がないにもかかわらず、男性器の勃起が起こる」現象です。ちなみにマラとは陰茎のこと。社会人であるなら、仕事を終えやっと帰宅しゆっくりしていたら何故か勃起してしまったという経験をしたことがある方もいることでしょう。学生であっても、部活でくたくたに疲れていた際に経験したことがあるかもしれません。

疲れマラの多くはホルモンの作用によって起こります。身体が体力の限界を感じると、カテコールアミンという物質が分泌されます。カテコールアミンは「アドレナリン・ノルアドレナリン・ドーパミン」という3種類のホルモンによって構成されており、なかでもアドレナリンが90%を占めているのです。アドレナリンは血中に放出されると、心臓や血管を収縮させ血圧・心拍数・血糖値を上げる作用などがあります。

つまり、このカテコールアミンが疲れた身体を叱咤激励し動かそうとする過程で、海綿体へ血液が流れ込みやすくなった結果、疲れマラ、いわゆる性的興奮を伴わない勃起が起こるという原理なのです。

余談ですがマラとは釈迦が悟りを開くことを邪魔しようとした魔人・マーラの故事にちなみ、日本の修行僧たちが使い始めた言葉で、仏教において男女どちらにとっても修行の妨げとなる煩悩を呼び起こす陰茎のことを表し、「魔羅」あるいは「摩羅」と書きます。

疲れマラの原因

原因といっても、特定の人だけに起こるような特別なものではありません。疲れマラの原因は日常生活と密接に隣り合っているとも言えます。それは、疲れマラは「誰にでも、いつでも」起こりえるということでもあります。

疲れ・ストレスによるもの

疲れマラという呼ばれ方の通り、疲れやストレスが溜まっている場合。多からず少なからず生活していく上でストレスや疲れは感じるものですが、それが蓄積されることで疲れマラが起こります。

また、行き過ぎたストレスは疲れマラだけではなく心身にも重大な影響を与える場合がありますので、適度なストレスコントロールを心がけて生活したいものです。

緊張によるもの

drew-hays-168905-unsplash過度な緊張もストレスの一種となり得ます。例えば、大勢の前で何かを話さなければならない場面、大事な会議でプレゼンテーションをしなければいけない場面、などです。

そういった日の前日はゆっくり休んで、次の日に備えたほうがいいでしょう。

レム睡眠状態によるもの

睡眠ではレム睡眠とノンレム睡眠が交互に行なわれているということは広く知られています。レム睡眠は眠っていても眼球が動き、脳の一部が覚醒している状態です。

このレム睡眠状態のときに性的な興奮とは関係なく勃起が起こります。これは、レム睡眠時に身体各所で起こる運動のひとつで、定期的に海綿体に血液を流入させることで勃起力のメンテナンスをしているとも、ストレス解消作業の一環であるともいわれています。

つまり、疲れマラで勃起するのは疲れすぎてレム睡眠状態に近付いているときであるといえるのです。

上記の原因を知っているか否かで、対処の仕方や予防策を講じられるかどうかが決まってきます。突然の勃起に慌てることにならないよう、常日頃から疲れマラになってしまった場合にどうするか考えておくことをおすすめします。

疲れマラを抑える方法

基本的には疲れを溜めすぎないことが一番大切で適切な対処方法です。具体的には以下の通りです。

質の良い睡眠をとる

睡眠前にスマホやタブレットなどを見ると神経が興奮してしまいますから、布団に入る数時間前からはスマホなどをなるべく見ないように心がけ、リラックスした状態で入眠するよう常に意識しましょう。

ぬるめのお風呂に浸かる

睡眠前にぬるめのお風呂に浸かるというのも効果的です。高い温度のお湯やシャワーでは交感神経が優位になり神経が高ぶってしまいます。そのため、ぬるく感じる程度のお湯にゆっくりと浸かりリラックスすることで睡眠の質を高めることができます。

自慰をする

また、根本的な解決にはなりませんが一時的な予防策として、疲れマラになる前に自慰をして精液を一度処理してしまうという方法もあります。「絶対に疲れマラで勃起が起きない」とは言いきれませんが、確立を下げることは可能です。

これらの方法を実践してもすぐに効果を得るのは難しいでしょう。なぜなら疲れマラは日々の疲れが身体に溜め込まれた結果に起こるものだからです。だからといってないがしろにせず、毎日心がけて続けていくことで結果は出て来ます。継続は力なり、なのです。

それでも疲れマラになってしまった場合に、勃起をできる限り早く収めるための対処法をいくつかご紹介します。以下の方法で勃起が目立たなくなったタイミングでお手洗いへ行き自慰で射精を行なうのが理想的です。

運動をする

oliwier-gesla-1058814-unsplash身体を動かしているときは酸素の供給のため血液が全身を循環するので、陰茎へ集まった血液を分散させることができます。腕立て伏せや腹筋、スクワットなどを数回行なうだけでも効果が期待できる方法です。

冷たいものを当てる

陰茎に冷たいものを当てることも効果的です。冷たい海、プールに入った際や水風呂に浸かった際に勃起することはほぼありません。ただ、疲れマラで勃起した際に冷水に浸かれる環境にはないことがほとんどでしょうから、自販機などで購入した冷たい缶飲料やペットボトル飲料をズボンの上から当てるのが現実的でしょう。

両脚を少し上へ上げて固定する

勃起という現象は陰茎の海綿体に血液が流入し、その圧力で硬くなることをさします。つまり、陰茎に集中した血液を引かせることができれば自然と勃起は収まるということです。そこで、両脚を床から数cm上げることで血管の収縮を促し、勃起した陰茎から血を引かせる手助けとすることができます。

疲れマラになってしまった場合は、まず30秒ほど試してみてください。

疲れやストレスが続き前述のカテコールアミンが多く分泌される状態が続くと、血圧の上昇で血管が傷付いて血管内の血液循環機能が悪くなり、血管系のED、すなわち勃起障害となる可能性もあります。カテコールアミンが分泌されるということは、かなり疲れが溜まっている証拠。勃起障害だけでなく、他の疾病が発症してしまう可能性もあります。

たかが疲れマラと放っておかずにできる限り身体をいたわることが、今後の健康的な生活のためにもなるのです。

関連した記事

ペドフィリアとロリコンの違い:日本では同じ意味として使われている?

ロリコンという言葉はほとんどの人が耳にしたことがあ...

2019年07月04日, 男のセックスの悩み

貧乳の感度は良いのか?アンケートから見えてくる真実

男性の間でよく話題になる巨乳・貧乳どちらがいいか問...

2019年07月04日, 男のセックスの悩み

早漏改善トレーニング”セマンズ法”のやり方

男性にとってペニス、すなわち生殖器周辺の悩みは尽き...

2019年07月01日, 男のセックスの悩み