40代のセックス事情:40代夫婦生活のリアルとは?

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , セックス

歳を重ねるたびに、日本人の夫婦はセックスの回数が減っていくという統計があります。

40代になると、会社などで要職に就くことが多く、仕事の責任が重くなります。また、子育てに追われることが多くなり、セックスするヒマがなくなります。

そんな事情もあって、40代になると子供ができる前や、30代の頃に比べると夫婦二人の時間が極端に減っていくようです。40代夫婦のセックス事情にはどんな特徴があるのでしょうか?

40代のセックスの特徴

体力の低下

男女問わず30代後半くらいから体力が落ちていくのを実感するでしょう。

足腰に痛みが出たり、頭痛や、持病が再発する人もいるかもしれません。

そして生殖機能にも影響がでてきます。男性は勃ちが悪くなり、射精まで時間がかかるようになります。女性の場合は若年性の更年期障害になったり、ホルモンバランスの崩れ、生理不順などの影響が出て、積極的にセックスに望めなくなる人もいます。

年齢には抗えませんが、定期的な運動を繰り返すことでスタミナをつけることはできます。

女性は性欲がもっとも高まる40代

男性と比べ、女性のほうが性欲の芽生えは遅いです。30代後半くらいから、急に性欲が増すことも。

男性もある程度年齢と経験を重ねたことで、セックスのテクニックが洗練されてくるでしょう。

そのため40代の女性が20代の男性に手を出したり、逆に40代男性のテクニックにハマる20代女性が現れたりと、ある意味濃厚なセックスプレイを楽しめるのが40代です。

40代夫婦のセックスの頻度

40代は月に1.77回。これは相原ゴムというコンドームを作っている会社が、夫婦が月に平均何回セックスをしているかをアンケートした結果です。

全体の平均は、2.1回。年代別では20代が4.11回と一番多く、30代が2.7回と歳を重ねるたびにセックスの回数が減っていることが分かります。

ちなみに、60代では0.97回と性生活がまだ継続されていることも分かります。

他国と比べるとセックスの頻度が少ない日本

世界の国々の40代のセックス頻度と、日本の40代夫婦のセックスの頻度には大きな違いがあります。

世界最大規模の性意識・実態調査「デュレックス」が行った調査によると、セックスの頻度が一番多いのは、ヨーロッパのギリシャで、年間138回。

世界平均は、約100回なのでギリシャがぐんを抜いて多いことがわかります。一方、日本は年間48回と世界で最低という結果が出ています。

この背景には、セックスに対する考え方や、価値観の違いがあり、ギリシャはセックスをお互いのコミュニケーションの場と捉えている一方、日本人は家庭内にもセックスの話はタブーといった昔ながらの習慣があることが背景にあるようです。

40代夫婦のセックスに対する本音

40代夫婦には、他の年代にはないセックスに対する特別な思いがあります。

家族としての関係が強くなるケース

40代夫婦には、子供ができない夫婦をのぞいてほとんどの家庭に子供がいます。また、子供がある程度大きくなっている場合もあり、夫婦の関係というよりは家族の関係性が強くなります。

そのため、二人での時間を優先するのではなく、子供との時間を優先する夫婦が多いため、セックスに対する気持ちが冷めてきます。

お互いを異性として見れなくなるケース

子育てや、お金の問題などもありますが、それ以前に相手を異性として見れなくなりセックスレスになるケースです。

40代になると、若い頃に比べて明らかに老けてしまい、そのギャップに戸惑うことがあります。

女性から見ると、「昔はあんなにお腹が出ていなかったのに!」と思ったり、男性から見ると産後の体系の変化にギャップを感じたりします。

40代の夫婦相手はパートナーの変化についていけず、セックスが少なくなってしまうのが本音のようです。

40代のセックスレスの割合

日本家族計画協会の「男女の生活と意識に関する調査(2016年)」によると、結婚をしている夫婦のセックスレスの割合は、47.2%と約半分の夫婦がセックスレスになっているという報告をまとめています。

この調査は、16歳から49歳までの夫婦に調査しているため、40代は50%を超えているという驚きの結果に。

40代夫婦がセックスレスになる理由

20代、30代では夫婦の営みがあったが、40代になってからなぜか営みがなくなったと悩んでいる方も多いはず。ただ、何の原因もなくセックスレスになる訳ではなく、二人にはわからない見えない原因があります。

妻がセックスを拒否するケース

一世代前の日本に比べると、女性の社会進出が進んでいます。以前は、夫が大黒柱となり家の収入の大部分を稼いでくるケースがほとんどでした。

しかし、今は子供が産まれた後も、女性が仕事に復帰するケースが多い上に、家の収入を助けるケースが増えています。

その為、家事と仕事に追われる女性が増え、夫婦の営みが減っているのです。

世の夫は、収入が減っているケースも多く、妻の収入を頼りにしている場合も多いので、セックスを無理に強要できなくなっている現状もあります。

男性が拒否するケース

夫が夫婦の営みを拒むケースも、上の理由と同じ場合もあります。40代を過ぎると、男性は要職に付くことが多い為、仕事でのストレスが想像以上にかかります。

家に帰っても仕事のことを考えていることが多くなるため、妻に対して興味がもてなくなります。

また妻に対して興味は持てないが、他の女性には興味を持っている場合もあります。その場合は性欲はあるので、話し合うことによってセックスレスを回避することもできます。

セックスがマンネリ化するとセックスレスになる確率が高まります。

40代でセックスレスを解消するには

40代でセックスレスを解消するには、まず、夫婦お互いが同じ方向を見て努力することが必要です。

しっかりと話し合う

まずは、しっかりとお互いで話しをすることが何より大事です。原因がわからずにセックスレスになっている夫婦も多いため、まずはその原因を探ることが何より重要です。

また、セックスについての話をなかなか切り出しにくいと悩んでいる方もいると思います。しかし、話し合わない限り、自分の考えが相手に伝わることはありません。

自分がどうしたいのか、月に何回くらいしたいのか、など具体的なことにまで突っ込んだ話をしましょう。

セックスができる環境を作る

40代の夫婦は子供が大きくなっている可能性も高く、家でセックスできる時間も場所も限られています。

お互いを時間を作れるように、家事と育児を協力して行ったりして、セックスに使える時間を作りましょう。

また、場所に困っている人はラブホテルがおすすめです。月に1度くらいは両親に子供を預けて、二人だけの時間を作り、お互いの仲を深めていきましょう。

40代だけどセックスの相手がいない場合は

40代でパートナーがいないと、そもそもセックスする機会に恵まれません。そんなあなたにおすすめしたいのが出会い系サイトです。

Jメールは累計会員数600万人を超える国内最大級の出会い系サイト。今流行りのマッチングアプリは20代30代が中心のため、40代が出会うのは難しいでしょう。

Jメールには出会いを求めている人は当然ですが、エッチな欲望をもった人も多いです。

人には言えない性癖やアブノーマルな趣味をもった人も多いので、エッチな欲望を満たすにはもってこい。近くに条件に合う人がいないかチェックしてみて。

Jメールに無料登録(18歳以上)

関連した記事

アメリカ人のセックス事情:アメリカ人のセフレを作るには?

2020年に東京オリンピックを控え、訪日外国人が増...

2019年07月04日, セックス

”腹上死”の原因はセックスではない?女たらしは腹上死に至る可能性も

腹上死という言葉を聞いたことがあるでしょうか。これ...

2019年07月04日, セックス

幸せなセックスの条件7つ

男性次第と思われがちなセックスライフ。 それ...

2019年07月01日, セックス