ガバマン(ユルマン)女子の特徴・締りを良くする方法

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 女のセックスの悩み

アソコのサイズが大きく、挿入してもゆるゆるな状態のマンコのことをガバマンまたはユルマンと言います。ガバマンはすんなりと入り過ぎることから男性側は気持ち良くなれません。

快楽を求める人にとっては大きな問題で、別れる理由にもなるので注意が必要。そこで今回はガバマン女子の特徴と締りを良くする方法を紹介します。

ガバマン(ユルマン)女子の特徴

アソコの穴が大きいガバマンですが、自分1人で気が付くのは難しいです。普通に生活しているだけでは自分の穴の大きさを確認する機会はないですし、広いか狭いかも分かりません。

パートナーが中々イカない

ガバマンは穴が大きく、男性側は挿入していてもあまり快感を得られません。そのためパートナーがフェラや手コキでは簡単にイクのに、セックスでは絶頂しないというギャップが生じます。

彼が中でイカなかったり、抜いた後に自分で強く刺激して射精したりする場合はガバマンが原因の可能性が高いです。

体型がどちらかに偏っている

ガバマン(ユルマン)の人は体型がどちらかに偏っているという特徴があります。アソコの締まりを良くするのは筋肉の役目。そのため太りすぎていたり痩せすぎていたりするとガバガバになりやすいです。

一方、筋肉のある標準体型の人は名器とまではいきませんが良いアソコを持っています。特に下半身の筋肉が重要になるので、鍛えるときは意識してみてください。

大きなおもちゃがすんなり入る

自分1人でガバマン(ユルマン)か確かめる方法があります。オナニーをするときに少し大きめの道具を入れてみることです。特にバイブやディルドの中にはとても大きなサイズのものもあるので、もし興味があれば購入して試してみましょう。

少し濡らして入れたときに痛くて無理な場合は締まりが良く、すんなり入ってしまったらガバマンの可能性が高いです。男性からすれば多少キツいくらいの方が気持ち良いので、彼の性器よりも大きな道具が普通に入ってしまうのは危険信号。

道具を買えない方は指が3本以上入るかどうかでチェックしましょう。あまりにも余裕で入る場合はガバマンの可能性があります。

股関節が硬い

ガバマン(ユルマン)は体が硬いという特徴があります。柔軟性がないとセックス中に下半身の筋肉コントロールが上手くいかず、膣圧を高めることができません。

そのため締まりのないガバマンになってしまうのです。お風呂上がりに体育の準備体操でやるようなストレッチをしてみて、痛すぎて全然伸びない場合は柔軟性が問題と言えます。

アソコの締りを良くする方法

ガバマン(ユルマン)の特徴に当てはまってしまっても落ち込む必要はありません。アソコがユルいのは今からでも改善することができます。毎日トレーニングや努力は必要になりますが、きちんと原因を取り除いたり鍛えたりすれば名器も夢ではありません。

締りを良くする方法を実践して、パートナーを満足させられるようになりましょう。

筋トレと柔軟で締める力を養う

膣を締めるには下半身の筋肉と柔軟性が重要になります。そのため、トレーニングをすれば誰でも膣圧を高めることができ、入れて気持ち良いアソコを作ることが可能です。

まず実践したいのは、仰向けに寝た状態で両足を上げてキープする筋トレ。お腹の下のあたりに負荷を感じている状態です。30㎝くらいあげて5秒キープを5~10回程度するだけでも締りは良くなります。

次はストレッチです。ガバマン(ユルマン)の原因は股関節の硬さ。あぐらのように座り、両足裏をくっつけます。そのまま体の方へ引き寄せてください。硬い人はかなりキツいはずです。余裕が出てきたら足が浮かないように床に押しつけたり体を前に倒したりしてみてください。

この2つの筋トレとストレッチがガバマンに良く効きます。毎日やるくらいの気持ちで取り組みましょう。

膣トレーニングをする

ガバマン(ユルマン)を抜け出すには膣の締りを良くするためのトレーニングを実践しましょう。例えば太ももの間に柔らかいボールを挟み、落とさないように足を閉じるだけでも効果が期待できます。1枚の紙を挟むやり方もおすすめです。

他にもおしっこを途中で止めてキープしたり、お尻と膣にキュッと力を入れたりするのを繰り返しましょう。どれも手軽で簡単です。

一方変わり種ではありますが、バイブを入れた状態で立ち上がり、落ちないように膣圧で締めるトレーニングはユニークで実践しやすいでしょう。オナニーの途中でやれば気持ち良い+鍛えられて一石二鳥です。

また、専用の道具を使うのもおすすめ。LCラブコスメから出ているインナーボールは、入れた状態でお尻に力を入れて膣を締めるトレーニングをするだけで驚きの効果が得られます。価格は税込み2,376円とお買い得です。

アソコを引き締める膣トレボール

彼の勃起力をアップさせる

膣の広さは生まれつき個人差があります。トレーニングをすれば誰でも膣の締りをよくすることはできますが、実際は女性だけの問題ではありません。

男性のアソコの勃起力をアップすることで、締りがきつくなり、ふたりとも快楽を味わうことができるでしょう。

膣トレを鍛えるのと同じ方法で、男性の勃起力をアップさせることができます。

締まる体位でセックスする

なかなか締まりの良さが解消されない場合は、体位を工夫してみましょう。

普通の正常位ではなかなかアソコの締りは良くならないので、足を開かない体位に切り替えてみて。寝バックや足を閉じたままの正常位などをしましょう。ガバマンでもイきやすくなります。

他にも挿入中にお尻に力を入れて膣圧を高めるなど、ガバマンを感じさせない工夫をしましょう。

関連した記事

中出しが気持ちいい理由:中出しリスクと女性の本音

「中に出していい?」とパートナーに聞かれて困った経...

2019年08月08日, 女のセックスの悩み

フェラが嫌いな女性のための克服法、男性が注意すべきことは?

男性とセックスをする上で必要になるテクニックや、お...

2019年07月04日, 女のセックスの悩み

男を虜にするエロい香水10選:話題のベッド専用香水の魅力とは

男女問わずニオイは異性に対する強烈なシグナル。見た...

2019年07月01日, 女のセックスの悩み