愛液の出る仕組み&役割:気になる成分や色味・ニオイ

PARTNER編集部
公開, 更新 , 女のセックスの悩み

セックスのときに出てしまう愛液。愛液の正式名称は腟分泌液と言います。愛液はどのような仕組みで出てくるのでしょうか。

セックス経験のある女性なら、透明や白い液体がアソコから出てきてビックリした経験がある人もいるでしょう。

濡れ方は人それぞれですが、キスだけで愛液が出てしまう人もいれば、愛撫されて始めて愛液が出るという人もいて、個人差があるのが愛液の特徴です。愛液のでる仕組みや役割などを見ていきましょう。

愛液の正体とは?

愛液は、性的な刺激を受けることで膣壁から分泌されている膣液のことです。運動して汗が出るのと同じく、気持ちいいと感じることで愛液が分泌されます。

ニオイは、無臭の人もいれば、少しイカ臭いニオイがする人もいます。体臭がひどい人の場合、愛液も嫌なニオイがすると言われています。

生活習慣が乱れている人は、男性が嫌うニオイを発することも。日頃の食生活なども関係しているので、日常的に規則正しい生活をしておく必要があります。

味に関しては、無味の人もいれば、少し酸味がする人もいます。前日に食べたものや、排卵前など女性の体調によっても変化があります。

色は基本的に無色透明ですが、挿入の摩擦によって泡立って白っぽい色になる人もいます。

愛液が出る仕組み

愛液は性的な快感を得ることで分泌されることが多いですが、もちろんそれだけではありません。好きな人とのセックスを妄想するだけで愛液が出たり、感じていない場合でも愛液が出ることがあるのです。

たとえばレイプなど、自分の意志とは関係ない状況だとしても愛液は出ます。これは膣が傷つかないように膣内を守ろうとする自然な動きです。

男性の中には愛液が出ているから感じていると考える人もいますが、この考えは間違い。手マンして愛液が出てきたから感じているということではないのです。女性なら体験したことがあるかもしれませんが、イキそうになっていなくても愛液は出ます。

愛液の役割

愛液の重要な役割は膣内の粘膜を潤わせること。セックスのときに愛液が出るのは、膣内を潤わせてペニスを挿入しやすくするためです。

また、挿入時に痛みを感じるのは愛液が足りていない証拠かもしれません。愛液は挿入時の痛みを緩和する役割があります。前戯の時間を長めてもらったり、丁寧にすることで、愛液も分泌されます。

愛液が少ない状況でセックスしても女性だけではなく、男性側にも痛みを与えることがあります。乾いた膣内では、ピストン運動がしづらく、摩擦も大きくなります。

お互い満足したセックスをするためにも愛液はなくてはならない存在です。しっかりキスや愛撫で膣内を潤してから挿入するようにしましょう。

愛液に関する悩みと対策

ニオイが気になる

愛液のニオイが気になるという悩みを抱えているのならば、生活習慣を整えて、食生活を見直しましょう。膣内環境と腸内環境は似ているため、不規則な生活をしていると、匂いがきつくなりやすいです。便秘・下痢気味の人は要注意。

セックス前日は香辛料や肉、にんにくなど匂いが強いものは食べないようにしましょう。また、ストレスがあると免疫力が低下し、匂いを発しやすくなることも。早寝早起きを心がけて、適度な運動を行ってください。

アソコが濡れない

セックスのときにアソコが濡れないと悩んでいる女性は多いです。濡れない原因はストレスや睡眠不足など様々。

また体が緊張していると濡れにくいです。定期的にマッサージやスパに通うなどしてリラックスすることで、体質改善につながることも。

また長期間セックスをしていないと、濡れにくくなることも。定期的なオナニーは、愛液の分泌を促すためにも必要です。

また、濡れないのはパートナーとの関係が関係している可能性も。悩んでいることがあるなら、パートナーに打ち明けてみて。

お互いどんなセックスをしてみたいのか、気持ちいい場所はどこなのかを話してみるだけでもOK。彼も愛撫がしやすくなり、リラックスした状態でセックスすれば、アソコも自然と濡れてくるかも。

洗い過ぎも要注意

アソコを清潔にしたくて洗いすぎる女性もいますが、これはNG。洗いすぎると、必要な油分まで失われて、肝心なときに濡れにくくなります。

またアソコが乾燥するとニオイが発生する元となる場合も。洗う場合は水で洗うか、膣内と同じ3.5~4.5くらいのphの石鹸がベター。

女のセックスの悩みの人気記事

生理後のセックスの特徴と注意点:感度は抜群!注意点も

好きな人とセックスでしか見せない男の行動7選:男が本命にしか見せない顔とは

セックスがもたらす美容効果:セックスをするときれいになる?

ヤリサーの実態とは?ヤリサーが多い大学を紹介

すぐイク女性の特徴と対処法:イクことの定義やイッたことがある女性の割合は?