”肥後ずいき”の効果と使い方:江戸時代のバイブ?

PARTNER編集部
公開, 更新 , 女のオナニー(セルフプレジャー)

「肥後ずいき」は植物を使ってつくられた江戸時代から存在する大人のおもちゃです。このページでは、肥後ずいきの効果や使用方法について見ていきましょう。

肥後ずいきとは

肥後ずいきはハスイモというサトイモの一種の茎を乾燥させて作られた女性向けの大人のおもちゃで、現在のバイブの原型とも言われています。

肥後ずいきが生まれたのは江戸時代。当時、細川藩(現在の熊本県)が参勤交代時の徳川家への献上品として持って行っていたと言われています。

肥後ずいきは食用としても消費されていましたが、他の使い道として性行為や自慰行為の際に使用されるようになり、現代でもその使い方が継承されています。

肥後ずいきが大人のおもちゃと言われる理由

肥後ずいきの原料であるハスイモには、「サポニン」という成分が含まれています。これが男女の生殖器、特に女性の膣に刺激をもたらす効果があると言われています。

この成分がクリトリスを刺激し、血液量が増えることで、クリトリスが一時的に大きくなるとの言い伝えも。

肥後ずいきは防腐加工すれば、その成分がなくならない限り使用することが可能だったため、重宝されたといいます。

また、肥後ずいきという名前の由来である「ずいき」とは、夢窓疎石(むそうせいき)という禅僧の「いもの葉に置く白露のたまらぬはこれや随喜の涙なるらん」という歌に由来されていると言われています。これは「白露」を精液の隠喩として、肥後ずいきの効能を詠んだ春歌です。

肥後ずいきの種類

肥後ずいきは男女に分けた2種類が存在します。

男性用肥後ずいきは、「長もの」という紐状のもので自分の性器に巻きつけて使うものや、性器にかぶせて使うキャップ上に編まれたものがあります。

女性用肥後ずいきは、指につけて使うリングタイプ、棒状の「こけし」といわれているものがあり一人で楽しむものです。

女性用肥後ずいきのリングタイプのものにはそれぞれ「花菖蒲」「竜胆」「菖蒲」「牡丹」「小菊」「山茶花」というように花の名前がつけられています。これは江戸時代から明治にかけて熊本藩士達によってつくられていた「肥後六花」がモチーフ。

肥後ずいきの使い方

まず、乾燥している肥後ずいきをぬるま湯、または水に4~5分間つけておいて柔らかくなったら、水を切って使用します。

再利用する場合は、ぬるま湯で洗ってから陰干しをして使用します。

男性用肥後ずいき(紐状)の場合は、自分の性器に巻きつけて、キャップ上に編まれている場合は性器にかぶせて使用します。

女性器用肥後ずいき(リングタイプ)は指につけて使用します。「こけし」といわれる棒状タイプは、そのまま女性の膣に入れるパターンと、リングタイプを棒状タイプにくっつけて使用することもできます。

女性用の肥後ずいきを男性器にはめて使用した場合、コックリング(勃起する時間を長くするのに用いられるもの)と同じような効果を得ることが可能です。

肥後ずいきの注意点

男性用の「長もの」を使用する際に強く巻きすぎると痛みが発生し、緩く巻くと女性器に挿入中に外れてしまい膣の中に入ったままになることもあるそう。巻く力加減には少し工夫が必要です。

またコンドームをつけて使用すると、刺激の元となるサポニンが男性器に作用しないため、本来の効果を得ることができません。

現代でも肥後ずいきのお店はある

実は現在でも肥後ずいきを手に入れることができます。ネット上には肥後ずいきの専門店も存在しており、オーダーメイドで自分に合った肥後ずいきを作ることが可能です。

肥後ずいき専門店

女のオナニー(セルフプレジャー)の人気記事

女性がオナ禁する効果とは?メリット・デメリット・オナ禁を続けるコツ

無料で見られるエロ動画サイト10選:オナニーのお供に

自宅オナニーの感度を高める道具7選:自宅オナニーの注意点とは

バイブが生まれた背景・歴史:実は石器時代から存在したバイブ?

[男女別]オナペットとは?みんなのオナペット・おかず事情