風俗ビジネスの光と闇:風俗経営に向いているタイプとは

PARTNER編集部
公開, 更新 , 風俗・ハプニングバー

風俗店は勤めている風俗嬢やボーイといった表側に目が行きがちですが、どのように店舗を経営しているかといったビジネス面はあまり注目されません。

加えて、風俗業というビジネスを紹介した情報もあまり目にする機会がないため、謎に包まれています。

そのため本記事では、ビジネス面から見た風俗業界について解説します。

風俗ビジネスは儲かる?

まず、風俗店の経営は非常に儲かります。風俗店の形態によって違ってきますが、大手店の店長ならば月収100万円近く行くことも珍しくありません。

なぜ風俗ビジネスが儲かるかといえば、それは客単価が他業種と比べて非常に高いからです。例えば、110分30,000円の基本コースを設定しているソープランドがあったとして、1時間あたりの客単価は15,000円近くになります。

居酒屋の客単価は3,000円~4,000円ほどであることを考えると、風俗店の客単価がどれだけ高いかがわかります。単純計算で、風俗店経営は居酒屋の5倍儲かるとも言えるわけです。

もちろん、客単価の全てがお店の利益になるわけではありません。接客した風俗嬢へのキックバックや必要経費などを差し引く必要があります。

これらの経費の中でも最も大きなものは風俗嬢に支払う報酬で、多くの風俗店では風俗嬢にサービス代金の半分を渡しています。それを差し引いても店側の利益が大きいため、風俗は儲かるともっぱらの評判です。

一番儲かる風俗はデリヘル

数ある風俗店の中でも最も儲かるお店はデリヘル店です。その理由として、設備投資が極限まで抑えられる点が挙げられます。

デリヘルとはデリバリーヘルスの名前が示すとおり、ホテルや個人宅に女性を派遣してサービスを行います。そのため、店舗型のヘルスとは違ってテナント料や建築物及び土地の代金を無視できます。

つまり、デリヘルは運用コストが安く抑えられるメリットがあります。加えて、この事実は経営を始めるに当たって初期投資が少なく済むことも意味します。

さらに、デリヘルが儲かるといわれている理由として、柔軟な経営体制をとれる点が挙げられます。デリヘルは店舗を持たないため、資金繰りがうまくいくならば何人でも従業員を増やせます。

店舗型の風俗店では、サービスルームの数だけしか一度に利益を上げられません。客が多すぎても少なすぎても無駄が発生してしまい、最適の利益を得にくくなります。

また、店舗を持たないという特徴は受付事務員の数を少なくできるというメリットにもつながります。店舗メンテナンスに人手がかかり、人件費がかさむこともありません。

風俗ビジネスは辛いよ!?

風俗ビジネスは一般的なビジネスとは異なっているため、思わぬ障害にぶつかることもあります。

広告費が高くつく

資金面での障害としては広告費の存在が挙げられます。風俗店は広告情報の掲載媒体が限られているため、広告コストが高くなりがちです。

広告費は場合や行う規模によっても異なってきますが、一般的に100万円ほどが相場であると言われています。この金額は東京など都市部での相場であり地方ではもう少し安くなる場合もあります。

立地条件も問題に

次に、店舗を借りる場所も問題になります。学校や住宅地のそばでは風俗店の開店は認められません。加えて、ビルのオーナーの中には風俗店が入る事を好まない人もいます。

開店にちょうどいい場所を探すとなると、必然的に繁華街に落ち着きます。繁華街ではテナントの料金も高めであるため、収支を圧迫する場合もあるかもしれません。

デリヘルでは店舗を持つ必要がないことを先ほど述べましたが、事務所を構える必要はあるため同じ事が言えます。

人間関係もつらい

最後に、風俗ビジネスには人間関係の苦労が伴います。この場合の人間関係とは女性との付き合い方という意味です。

風俗嬢はもともと独特の感性を持っている人が多いです。さらに、精神的ストレスのかかる職業であるため心を病む人もいます。

風俗嬢の中にはエキセントリックな言動をする人もいるため、忍耐が必要な場面も多く出てきます。辛抱強く相手の話を聞く姿勢なくして風俗店オーナーは務まりません。

生涯風俗ビジネスパーソンは可能?

もしもあなたが望むなら生涯風俗店のオーナーを続けることも可能です。風俗店の経営は他の店舗経営と基本は変わらないので、望むだけ続けられます。

ただし、開店したものの軌道に載せられず潰れる店が多いことも事実です。風俗店は儲かりますが、一攫千金を夢見て逆に負債を作る経営者も多いことを覚えておきましょう。

廃業する一番の理由は資金繰り

風俗ビジネスの失敗の原因にも様々な理由がありますが一番多い理由は、資金繰りの失敗です。収支のバランスが取れずに店をたたむ羽目になりがちなのは他のお店の閉店理由と同じです。

特に、風俗店は競合店が周囲に存在する場合が多いため、独自色を打ち出し顧客を獲得しなければいけません。初期投資を取り返し利益を出すまでに赤字がかさみ、潰れる店舗は非常に多いです。

警察の検挙もこわい

たとえ経営がうまくいっていたとしても思わぬ理由で、経営が続けられなくなる場合もあります。例えば、警察に検挙されて営業資格が取り消されてしまうこともあります。

風俗店は風営法や売春防止法など様々な法律の制限を受けており警察関係者も目を光らせています。営業資格の取消ならまだ優しい方で最悪の場合実刑を受けるかもしれません。

風俗店が摘発される理由は様々で、風俗嬢が秘密裏に本番行為を行っていた、未成年を働かせていたなどの事例が知られています。店舗側には管理責任があるためたとえ知らなかったとしても罪になるので気をつけてください。

最大の敵は良心!?

あるいは、良心の呵責に耐えかねて風俗店のオーナーを辞める人もいます。風俗店経営は人間の醜い部分を目の当たりにする必要もあり、ときには人を騙したり嘘をつくことが必要にもなることもあります。

もしもあなたが情にほだされやすい性格なら風俗店のオーナーは向いていないかもしれません。逆にそうしたことを気にしていてはお金を稼げないと思うならオーナーとしての才能があります。

風俗・ハプニングバーの人気記事

ベトナムの風俗事情:日式カラオケ・連れ出しバーなどバラエティに富む

なぜ女性は体を売るのか?売春婦がいなくならない理由

ヌキキャバは絶滅した?セクキャバとの違いを解説

大阪のおすすめ出会い喫茶5選:来店状況をネットでチェックできるカフェも

アメリカの風俗事情:売春は違法だが隠れて運営している店が多い?