赤線が生まれた経緯:現在でも赤線の姿を見ることはできる?

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 風俗・ハプニングバー

現在では耳にする機会も少なくなった「赤線」。今では年配の男性しか知らないこの言葉は、かつて売春が黙認されていた地域を表す言葉でした。言わば、赤線とは今でいう性風俗店がひしめく繁華街の総称です。

法制度の整備もあり、現在では赤線は完全に姿を消しました。赤線とはどのようなものだったのか見ていきましょう。

赤線が生まれた経緯

赤線の誕生は第二次世界大戦敗戦後のGHQ占領下までさかのぼります。当時GHQ主導のもと旧体制を変革していた日本は、1946年に公娼廃止指令を発しました。

公娼廃止指令とは、戦前までの日本に見られた公娼(公認された売春婦)を職から追いやり、身分制度の自由を実現するための指令でした。GHQは社会のあり方を変えるため、人身売買によって女性が売春婦にさせられる状況を変えようとしました。

そうは言っても、この指令は強制的に女性を公娼からその他の職業に転職させるものではありませんでした。女性達は公娼ではなくなったものの、売春行為を続けます。

当時は貸座敷という名称の性サービス店で売春行為を行っていたのですが、公娼廃止指令に伴って貸座敷は料亭やカフェなどに姿を変えました。このとき店舗の変更にともなって表向き女給などに身分を変えた女性が売春行為を行いました。

警察も姿を変えた料亭の中で行われる売春行為を黙認していました。このように売春行為が黙認されていた店舗のある地域を赤線と呼びます。赤線という名前の由来は、地図の上でそのような地域が赤く囲われていたところからついています。

赤線廃止論争

赤線は警察によって存在が黙認されていたわけですが、風紀の乱れは警察も見逃すわけにはいきませんでした。1948年には「売春等処罰法案」が出され、売春行為に対する罰則が記載されました。

ただ、売春等処罰法案は計5回国会に提出されるものの、すべて廃案となりました。売春等処罰法案は1956年に「売春防止法」と名前を変えて制定されます。

売春等処罰法案が出されると、当時アメリカに触発されて廃娼運動に関心を寄せていた女性運動家が声をあげます。1952年には、売春禁止法制定促進委員会が女性運動家によって作られ、売春防止法成立までの流れを強力に後押ししました。

女性運動家を中心とした廃娼運動推進派と男性議員を中心とした反対派はやがてぶつかり合い、激しい「赤線廃止論争」が巻き起こります。反対派は赤線を廃止すると、性病や風紀の乱れが街中に広がることを恐れていました。

赤線の終焉

やがて日本も近代化が進められ、1964(昭和39)年の東京オリンピックを控えるようになりました。そうなると、赤線といった後ろ暗い部分のある区域はイメージダウンを避けるために対策を行う必要があります。

そのため、1956年には売春防止法が制定され、翌年から施工されました。売春防止法とは売春行為の斡旋および売春に使われる場所の提供に罰則を設けた法律です。

つまり、料亭やカフェという名目で売春行為を行っていた赤線地帯の店舗はこの法律によって廃業しなければいけませんでした。1958年には日本全国の赤線が廃止されます。

その後の赤線地帯では、もともと売春行為が行われていた店舗は様々な目的に転用されます。売春行為を続ける店も少数ながら存在しましたが、多くはバーや居酒屋、旅館やアパートなどに新しく生まれ変わりました。

こうして赤線廃止論争は女性運動家たちの勝利に終わったわけですが、赤線で働いていた売春婦が自由を手にするケースはまれでした。これまで売春婦として働いてきた経験から、再び同じような職業につく場合が多くありました。

売春防止法が制定され、赤線が廃止されても売春行為が町からなくなったわけではありませんでした。閉店に追い込まれた料亭やカフェの流れはソープランドに引き継がれ、現代にいたっています。

赤線の値段

当時の赤線地帯で行われていた売春行為では「ショート」という名称の15分ほどのサービスが500円程度でした。宿泊した上でサービスを行ってもらう「泊まり」は大学の1000円程度です。

1950年頃の物価では、白米10kgが60円、うどん1杯が15円、タバコ(ゴールデンバット)1箱が30円でした。「ショート」の価格がタバコ16箱程度に相当することを考えると、現在価格に換算して500円×16=8000円程度です。

現在の飛田新地では15分のサービスで10,000円以上の料金がかかります。そのため、赤線の価格設定は安価であると言えます。特に「泊まり」にいたっては「ショート」のたった倍額で1日過ごせるので、非常に安価です。

現在も残る赤線の名残

赤線が廃止されて60年以上が経過する現代では、当時の町並みが完全になくなっているところもあります。しかし、色街として古くからの伝統を受け継いでいる地域も存在します。

現在、色街として知られている地域は昔赤線であったところが少なくありません。例えば、東京都では歌舞伎町や吉原、大阪府では飛田新地や松島新地、広島市の流川などが代表的です。

実は、カルトな趣味として赤線時代の遺構をたずねる街歩きが誕生しています。もともと赤線だった地域は往時の建築物がそのまま残っている場合があり、歩いていると新しい発見があります。

場所によっては街並みがまるで変わっており、そのような場所では赤線時代の遺構は存在していません。しかし、意外なところに古い建築物が残っている場合も珍しくありません。

時間があれば、地元の赤線街を歩いてみてください。昭和という時代の存在感をしみじみ感じられるため、おすすめです。

関連した記事

一晩に何回できるかが全て?!江戸時代のセックスのやり方・特徴7つ

江戸時代と現代のセックスを比べたら、もしかして今よ...

2019年07月01日, 風俗・ハプニングバー

新婚初夜覗き&新郎扱いとは?世界の新婚初夜の風習

新婚初夜とは、その名の通り「日本で初めてむかえる夜...

2019年07月04日, 風俗・ハプニングバー

戦国時代のセックス・性風俗・オナニー事情:ホモセクシャルは当たり前?

最近ではゲームやアニメの影響もあって若い人たちにも...

2019年07月09日, 風俗・ハプニングバー

いま話題の記事

特集