飛田新地の遊び方:日本トップクラスの歓楽街でハメ倒そう

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 風俗・ハプニングバー

大阪府の飛田新地といえば東京の吉原と並んで有名な歓楽街です。ただ知名度こそ高いものの、関西に位置するため行った人もそう多くないのが実情。

本記事では飛田新地の歴史や特徴について紹介するので、これから行ってみようと思っている方はチェックしてみて。

飛田新地の歴史

飛田新地とは大阪市西成区山王3丁目の歓楽街一帯を指す言葉です。1958年(昭和33年)の売春防止法施行以前は飛田遊郭と呼ばれていました。

飛田新地の現在の姿が作られたのは1916年のことです。先立つ1912年に難波地域に火事が起こり一帯が焼け、遊郭などが飛田新地に引っ越してきました。

それから飛田新地は盛り上がりを見せ、昭和初期には店舗数が200件を超えていました。その後戦災を免れたこともあり戦後もおさまらない活気を見せます。

元々飛田新地は大衆層向けの歓楽街として栄えていました。そのため親しみの持てる町並みが現在まで伝えられています。

1958年の売春防止法施行は飛田新地のターニングポイントとなりました。それまで飛田新地で遊郭として営業していた店舗を同法の施行により、転業を余儀なくされます。

同法施行後はかつて遊郭だった店舗は料亭として営業を再開しました。業務内容は変わっていませんが、表向き売春業務はしていないという法的にグレーな立ち位置となっています。

文化財もある歴史ある街

飛田新地は歓楽街としての価値もさることながら戦災を免れているため文化財としての価値も評価されています。特に有名な建築物は大正年間(1912~1925年)に建てられた料亭「鯛よし百番」です。

鯛よし百番は当時の遊郭のつくりを今に伝える貴重な建築物として2000年に文化財に登録されました。入り口に寺社のような唐破風を備えるなどゴージャスな作りが今も人気を呼んでいます。

何より、鯛よし百番は現在も料亭として営業を続けている点で貴重です。残念ながら遊郭としての営業はしていませんが、鍋物や会席料理など自慢のメニューに客足が途絶えません。

鯛よし百番の他にも大正時代の味わいを伝える建築物が飛田新地には数多く残されています。古建築を訪ねて歩くのも飛田新地の1つの楽しみです。

飛田新地でできるプレイ

一般的な歓楽街では、ヘルスやイメクラ、ソープランドなど多様な店舗がひしめいています。その点飛田新地では一種類の遊び方しかできません。

その遊び方とは、本番ありのプレイです。飛田新地では1時間未満のプレイを嬢と行って楽しみます。

飛田新地のようなサービス形態は「ちょんの間」と呼ばれています。「ちょん」とは「ほんの少し」という意味で、わずかな時間でセックスを楽しめることを意味します。

一般的なソープランドでは2時間ほどのプレイを行うことができ、しかも時間単価は飛田新地よりも割安です。飛田新地では1時間のプレイ料金が4万円台に突入することも覚悟しなければなりません。

割高な価格設定にもかかわらず人気を得ている理由は、働いている嬢のレベルが極めて高いためです。綺麗な女性と本番行為ができるという点が飛田新地に行くメリットに他なりません。

しかもソープランドにありがちなパネル詐欺は飛田新地では絶対に発生しません。飛田新地では店の入り口に座っている女の子をプレイ相手に選ぶため、写真加工や撮影技術でごまかされる心配は皆無です。

その他、ソープランドは入浴する必要があるため煩わしいと考える人からの人気も得ています。飛田新地ではプレイが始まると即本番行為をさせてくれるため大変お手軽です。

なお、店先ではやり手ババアと呼ばれる年配の女性が呼び込みを行っています。活気のある呼び込みが嫌いな人もいるかもしれませんが、飛田新地の名物と考えて割り切っておきましょう。

飛田新地のおすすめ通り

飛田新地には合わせて5つの通りがあり、それぞれの通りごとに特色が異なる店舗が営業しています。どのような店で遊びたいかは通りごとの特色を参考にしてください。

青春通り

桜木町会(別名青春通り)は飛田新地の最北部に位置する通りです。20代前半の若い女の子が多く働いているためその名前が付いています。

若くてサービスの良い子と遊びたいなら青春通りを目指しましょう。値段は高いものの、男性なら満足できること請け合いです。

メイン通り

山吹町会(別名メイン通り)はその名前の通り、飛田新地の中でも中心的な役割を担う通りです。青春通りより多少女の子の年齢が高く、20代半ば頃の女の子が多く働いています。

青春通りと並んで、多くの飛田新地ユーザーの目標となる通りです。価格設定も青春通りとおおむね似ています。

大門通り

メイン通りの隣に位置する通りで、人気は前述の二つの通りに比べるとやや下がります。働いている女の子の質も悪く優先順位は後回しになりがちです。

大半のユーザーにとっては青春通りとメイン通りだけで十分ですが、時々大門通でもキラリと光る女の子がいるため油断できません。足早でも良いので行ったら必ずチェックするようにしましょう。

妖怪通り

この2本ある特徴的な名前の通りが飛田新地の残りの通りを占めています。名前の由来はその他の通りよりも年齢層が高めの女性が多く働いているためです。

妖怪通りは正式には弥生町会および若菜町会という名前がついています。別名として妖怪通りの他に年金通りと呼ばれることもあります。

ものすごい名前がついているため思わず身構えてしまいますが、30代の女性から在籍しているため好みによっては十分有りです。あまり若い子が嫌という人にはかえって楽しめる通りでもあります。

妖怪通りも年金通りも料金が安めな点が特徴です。お店によっては生本番をさせてくれるかもしれませんが、病気のリスクを考えてやめておきましょう。

関連した記事

世界よ、これが日本だ。セックスレスなのに変態の国・日本の不思議

日本は世界でもっともセックスをしない国ですが、「H...

2019年07月04日, 風俗・ハプニングバー

AVスカウトマンの手口:スカウトマンの収入・仕事内容とは?

世の男性がお世話になっているアダルトビデオ。その制...

2019年07月10日, 風俗・ハプニングバー

江戸の遊郭はどんなところだった?遊郭の歴史や各地の遊郭を紹介

遊廓といえば華やかなイメージをする人も多いのでは。...

2019年07月12日, 風俗・ハプニングバー