青線とは?赤線との違い・青線地帯の場所とは

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 風俗・ハプニングバー

かつて日本には半公認の売春地帯である「赤線」とならんで「青線」という地域が存在しました。赤線にもましてアングラな地域であった青線は、当時の人々の生活にどのような影響を与えていたのか見てきましょう。

青線とは非合法の売春地帯

青線誕生の経緯

青線とは、1958年まではよく見られた非合法の売春地帯のことです。同じく売春を行っていた地域の呼び方として赤線があります。

赤線ならびに青線は、敗戦後のGHQからの通達がきっかけとなって生まれた地域でした。GHQは1946年に日本の公娼制度を廃止するよう通達を出します。

かつて日本では公娼(公的に認められた売春婦)が存在しており、その制度が女性の人身売買につながっていることをGHQが問題視して規制に踏み切りました。公娼たちは貸座敷と呼ばれる店で客をとり、売春行為を行いました。

GHQの指令により取り締まりが行われましたが、貸座敷など売春を行っていた店はなくなりませんでした。あるお店は警察から特殊飲食店すなわちカフェとしての許可を取り、裏で売春行為を行いました。このようなお店を赤線と言います。

一方、保健所から飲食店営業の許可をもらい、密かに売春行為を行っていた店は青線と呼ばれました。名前の由来は、警察が売春行為を行っていた店を地図上で赤色や青色の線で囲んでいたことから来ています。

青線のあった場所

かつて青線だった地域で有名なところでは、札幌市のすすきの、東京都新宿区のゴールデン街、岐阜県岐阜市の国際園などが該当します。これらの地域の中には、現在でも繁華街として残っているところもあります。

青線は赤線よりも違法の色合いが強かったため、様々な取り締まりの影響を受けやすいという特徴がありました。そのため、青線だった名残を残さない地域も多く存在します。

近年ではバラックやトタンと言ったチープな建築構造を好む戦後建築マニアとでも言うべき人が現れてきました。そうした人にとって、青線だった地域のくたびれた住宅は魅力的で、街歩きの題材として非常に人気があります。

赤線との違い

どちらかといえば、戦後史の中では赤線の方が知名度が高く、青線はあまり話題にのぼりません。青線と赤線には以下のような違いがありました。

料金の違い

多くの場合、青線は赤線よりも安価でした。青線は非合法であるためどこでも商売を行うことができ、コストをかけずにすむ分料金も安く抑えられます。

当時のセックス産業では、時間ごとの単価で料金を決める他、「ショート」と「泊まり」という時間パックもありました。ショートとは15分くらいの時間、泊まりとは1泊のことです。

赤線ではショートの料金が500円程度であったのに対し、 青線では300円程度、場末の場所では200円程度でした。値段が倍ほども違うため、青線の人気につながっています。ただ、泊まりの料金は両方とも1500円ほどと変わりません。

1950年のタバコの値段が50円で、この数値は現代価格に換算して1200円ほどになります。ここから考えると、青線のショートの価格は5000円~8000円未満だったと言えます。現代のちょんの間と比較すると、だいぶ安価です。

性病の有無

赤線は半公認であったため、だいたい月に1回、あるいはもっと多くの回数で性病検査が行われていました。健康診断も行われており、ある程度の安心感がありました。

一方、青線では性病検査はありません。そのため性病にかかる確率も多く、働く女性と客の両方に危険がありました。

なお、 性病として代表的な梅毒は1998年には500件以上の症例が確認されただけでしたが、1950年当時には12万件以上確認されていました。この件数の多さには青線の存在も無関係ではありません。

サービスの違い

お店で働く女性が提供するサービス内容も赤線と青線では違いがあります。サービス内容から赤線よりも青線の方を好むという客も多くいました。

赤線では警察によって売春行為が黙認されている関係上、売春行為以外のサービスを大々的に行うわけにはいきませんでした。当時の客の語るところによれば、赤線で働く女性はどこかそっけなく、業務的な印象も受けたとのことです。

一方、青線は存在自体が非合法であるため、様々なサービスを行ってお客を楽しませられました。一緒にダンスを踊ったり、ときには一緒に入浴してくれることもありました。

青線の消えた日

1950年、あるカフェ経営者が店舗のリフォームにあたり、東京都大田区池上に場所を移す計画を立てました。しかし、住民の猛反対に会い、開店はできませんでした。

それというのも、経営者は特殊飲食店、すなわち赤線を作る計画を立てており、カフェの新設もその計画の一環であったためです。この事件は「池上特飲街事件」と呼ばれており、赤線および青線への当時の印象がわかります。

1950年代に入ってからは女性を中心とした赤線廃止運動が盛んになってきました。当時は女性インテリ層を中心として民主主義に目覚めた人が多く、売春行為は女性に対する搾取であるとして売春行為をやめさせようとしました。

国会でも赤線廃止運動に関して、赤線存続派の男性議員と激しい論争が起こります。赤線存続派は売春のできる地域を設けることで性病を抑えられるという理由から、赤線の存在に賛成でした。

1956年には赤線および青線を取り締まるために「売春防止法」が制定されます。当時は1964年に東京オリンピックを控えていたせいもあり、風紀と景観の乱れに対処する必要があったためです。

売春防止法が施行された後、1958年を境として赤線ならびに青線は消滅しました。多くの店舗は旅館や料理屋など他の業種に鞍替えしましたが、中には依然として非合法の売春行為を行う店舗も存在しました。

関連した記事

身請けは現代でもあるの?花魁に払われたのは4000万円??

現代では聞く機会がなくなりましたが、江戸時代などで...

2019年07月01日, 風俗・ハプニングバー

風営法による規制の実態:風俗は未だにグレーゾーン?

風俗店に関する法律に「風営法」というものがあります...

2019年07月09日, 風俗・ハプニングバー

古代人のセックス事情:ヨーロッパ・日本・中国の性の歴史

性倫理は時代によって大きく異なります。現代から遠く...

2019年07月11日, 風俗・ハプニングバー

いま話題の記事

特集