効果的なストーカー対策7選:おすすめの対策グッズとは?

PARTNER編集部
公開, 更新 , 出会い・ナンパ

最近は、ネットやスマホが普及したことによって、容易につきまとい行為ができるようになったため、ストーカー被害が増加しています。個人情報がTwitterなどのSNSから入手されるリスクもあり、ほとんどの人がいつストーカー被害に遭うかわかりません。

最初はただのつきまといでもエスカレートすれば、殺人や暴力、レイプなど大きな事件につながります。すでにストーカー被害にあっている人は、早急に対策が必要になるでしょう。

効果的なストーカー対策

防犯ブザーを持ち歩く

手っ取り早い対策として、防犯ブザーを持ち歩くことが効果的です。防犯ブザーの音で周囲に助けを呼ぶことができますし、犯人も大きい音に驚き退散するでしょう。待ち伏せされて危ない状況になった時に防犯ブザーは役立ちます。

ストーカーと出くわしてしまった時は、恐怖で声を出せなくなることも多いです。防犯ブザーはボタン一つで大音量を発することができるため、ストーカー被害に悩んでいる人は持ち歩くべきでしょう。

引越し

すでにストーカー被害に遭われているなら、引越しが効果的です。すでに自宅を特定しているストーカーといえども、普段は仕事をしていることが多いため、平日に引っ越されると追う術がありません。

手がかりがないと引越し先を調べることが難しいため、身の危険を感じているなら一つの対策としてありでしょう。

しかし、お金や時間、労力がかかるため、何度もできることではありません。

個人情報はシュレッダーにかける

個人情報はシュレッダーにかけましょう。ストーカーは家に侵入したり、ゴミをあさったりして、個人情報を収集することに執着します。相手の情報を得ることでストーカー行為も優位に進められるので、個人情報が記載されたものは全てシュレッダーにかけてください。

自宅に侵入されてしまえば何をされるかわかりませんし、心理的にも身体的にも傷を負ってしまうリスクが高いです。ストーカーの執着心は強くどんな行動に出るか予想することはできません。

個人情報を流出させないことは、ストーカー行為はやりにくくなります。

催涙スプレー

ストーカー対策でおすすめなのが催涙スプレーです。女性なら男性のストーカーに力で対抗するのは難しいです。催涙スプレーは5m離れている相手にもスプレーが届くため、ストーカーに接近された時に撃退することができます。

ストーカー撃退用グッズの中では、効果はてきめん。催涙スプレーを吸い込むと、咳き込んで目を開けられないため、相応のダメージを与えられます。

ストーカーから身を守るなら絶対に持っておきたいストーカー対策アイテム。

防犯用催涙スプレーをAmazonでチェック

探偵へ相談する

すでに行われているストーカー被害に対して効果的なのが探偵への相談です。

ストーカーが知人ではない場合、どこの誰か分からず恐怖を感じますが、探偵に依頼すれば、ストーカーの住所や仕事先、細かい個人情報を調べ上げることができます。

その情報を警察に提供すれば逮捕の一助となります。

家にいたずらをしたり、盗撮したり、姿が見えないストーカーの場合は正体を特定するのに探偵が有効です。ストーカーの犯人が、別れた元恋人や身近にいた仕事の同僚や上司といったこともあります。

探偵に相談して対策をしておくことで、大きな事件に発展するリスクを未然に防ぐことができるでしょう。

ストーカー被害を立証するなら「原一探偵事務所」

メールや電話は無視する、拒否する

ストーカーからのメールや電話などの連絡は無視しましょう。ストーカーは嫌がらせで連絡して困ったり怖がったりする姿を楽しんでいる可能性もあります。

強い口調で断ればストーカー行為を止めると思い、メールや電話に応じる人がいますが、実際はストーカー行為を加速させる結果になります。

なぜなら、ストーカーは「構って欲しい」という心理を持っていたり、「相手を苦しめたい」といった強い憎しみがあるからです。連絡を無視するか着信拒否にすることで、相手への執着が薄れてストーカー行為を止めたという事例もあります。

ストーカー被害の対策として変なメールや電話があった場合は、ストーカーの可能性を考慮して返信しないようにしましょう。

ドアや窓には二重鍵をつける

ドアや窓には二重鍵をつけましょう。ピッキングの技術はいまやネットで調べれば誰でも習得できるため、ドアや窓を破壊せずに家に侵入することもあります。

ドアや窓を二重鍵にすることでピッキングが困難になりますし、時間もかかるため自宅への侵入を防ぐことに直結します。

少しでもストーカー行為をしにくい環境を整えることで、ストーカー被害にあうリスクを減らすことができます。特に一人暮らしの女性はストーカー被害にあう前に、セキュリティ対策の充実したマンションやアパートに引っ越したり、催涙スプレー、防犯ブザーを持ち歩くようにしましょう。

関連した記事

外国人の彼女を作りたい人必見!出会い方からモテる条件まで紹介

外国人の女性に、日本の女性にはない魅力な部分を感じ...

2019年07月04日, 出会い・ナンパ

北海道ナンパ・逆ナンスポット5選:北海道の歓楽街で楽しくナンパ!

北海道にはたくさんの観光地があるため、地元の人だけ...

2019年07月01日, 出会い・ナンパ

原宿のナンパ・逆ナンスポット5選:おしゃれな人が集まるエリア!

常に新たな流行を発信し、おしゃれに敏感な若者が多く...

2019年07月01日, 出会い・ナンパ