射精管理とは?射精管理するメリット&体験談

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , セックスのテクニック・プレイ

「射精管理」という言葉を聞いたことはありますか?これはSMプレイの一種で、男性の射精したい欲求を女性が管理するというもの。アダルトビデオのプレイにも多く、人気のジャンルの一つです。

男性は女性に比べて性的な欲求が高く、特に定期的に射精しないとストレスを発散できません。

そんな男性の射精欲求をコントロールし、精神的に縛るプレイが「射精管理」です。射精管理を行うことで、男性の心を完全に依存させ、女性の命令を拒否できないようにします。そんな射精管理プレイのやり方について見ていきましょう。

射精管理とは?

射精管理とは、男性の射精をある程度の期間禁止するプレイのことです。ソフトな場合は数日、長ければ1ヵ月の射精禁止を行います。

この間、管理者(射精を管理する側)の女性とベッドの上でセックスすることがあっても、射精は絶対にさせません。被管理者(射精を管理される男性)はこの間、日々精液がたまっていくことを意識しながら、支配されている感覚を楽しむのです。

いざ約束の時間が来たら、男性を拘束したまま、S女性の完全主導のもと射精が行われます。そして射精をさせたあとは、前よりも長い射精禁止を言い渡すのが通例です。

被管理者は、管理者である女性に射精という生理機能を掌握されているのを実感することで興奮します。また長い間我慢してきた欲求を開放するときの射精の快感は非常に強いため、中毒性を伴います。

射精管理するメリット

射精管理を行うことは、管理する女性にとっても管理される男性にとっても、メリットがあります。

Sの女性が射精管理するメリット

S女性にとって射精管理の最も大きなメリットは、M男性の心を完全に掌握できるという点。射精管理の間、M側の男性は射精の解禁日のことばかりを意識するようになります。

射精禁止の期間が長ければ長いほど、どのように射精をさせてもらうのか、ということばかりが頭をよぎるようになるのです。

そして、我慢の末に射精に至らせてもらうと、その刺激を与えてくれた人に、M男性の心は強く依存します。この快楽を与えてくれる人はこの世でこの人だけだ、と考えるようになるのです。

いわば、射精管理は1人の男性を奴隷へと堕とすために最適な方法のひとつといえます。射精のことばかりを考えるようになれば、それはS女性のことを考えているのも同義だからです。

Mの男性が射精管理されるメリット

M男性にとってのメリットは、射精管理による強い快感が挙げられます。前述したように、我慢の末に開放されたときの感覚は通常の射精とは比べ物にならず、大量の精液を吐き出す感覚を味わうことが可能です。

また、射精管理は「お預け状態」という軽いSMプレイであるという点もメリットのひとつ。SMプレイというと、どうしても痛みや苦痛の伴うものが多いのですが、射精管理は痛みを伴うプレイではありません。

よって、一般的なカップルであっても、ソフトSMのひとつとして楽しむことができる点もメリットといえるでしょう。

射精管理の方法

射精管理をする方法はいくつかありますが、基本的には管理者である女性が被管理者である男性に対して、「今日から〇日射精管理をする」ということを伝えるだけで完結します。

ただ、冒頭で述べたように、男性が持つ射精への欲求は非常に大きいものです。よって、完全な服従関係であっても、射精管理を最後までやり遂げることは難しいでしょう。

そのため、射精管理プレイの補助に使う道具が貞操帯です。これは、排泄と清掃が行える状態のまま男性器の勃起を抑える道具で、SMグッズを販売している店舗で販売しています。

貞操帯を外すためには鍵が必要です。その鍵を被管理者に渡すことで、射精管理プレイが始まります。射精を禁止する期間は、基本的には管理者が決めましょう。

ちなみに最初から長期的な射精禁止を行うと、パートナーとの関係に亀裂が入ってしまうので注意が必要です。

射精管理プレイを盛り上げるためのポイント

一切刺激を加えないまま、射精禁止期間を過ごさせ、期間が過ぎたら機械的に射精をさせるだけ、というプレイも、人によっては魅力的に映るかも。しかし、ここに一工夫を加えることで、射精管理プレイをより楽しいものにすることができます。

射精禁止期間に誘惑を入れる

射精禁止期間中、被管理者はできる限り性的なものから身を遠ざけるはずです。そこで、管理者である女性があえて性的な要素を加えることで、「射精を禁止されている」ということを再度自覚させることができます。

具体的には、過激なアダルトビデオを見せたり、性器には直接触れずに性感を刺激したりなどのプレイがあげられます。

もし、こうした誘惑に負けて射精してしまった場合、その時点で再度の射精禁止や、苦痛を伴うお仕置きを加えましょう。これを繰り返すことで、被管理者である男性は女性への絶対服従を誓うようになるのです。

射精をさせるときも簡単にさせない

射精が解禁される日になると、男性の頭はほとんど射精のことでいっぱいになっています。しかし、すぐにペニスへ刺激を与えず、拘束したうえで、乳首を刺激したりするなど、あえて焦らしましょう。

男性は、それに対して射精を懇願します。このときの男性の表情や情けなく懇願する様が、女性側に心に火をつけます。

また、ペニスへ刺激を加えるときも、いきなり強い刺激を加えず、ゆっくりと刺激を強めていくといいでしょう。特に、カウパーを使った亀頭責めなどは焦らしのために有効なテクニックのひとつです。

射精管理の体験談

私の女王様はあるSMクラブに努めているA嬢。私より3つ年上の33歳です。とびきり美人なわけではないですが、細身の可愛らしい女性です。その女王様とは1年の付き合いになりますが、定期的に連絡をとりあっています。なぜなら射精管理されているからです。妻とセックスレスになってから、射精のタイミングは月に2回程度です。女王様の許しが出てから射精するのです。よく「女王様に言わなければバレないのでは?」と言われるのですが、そういうことではないのです。射精管理は一度ハマると沼です。2~3日に1回女王様から「まだオナニーしてないよね?」とLINEがきます。そこで私は「はい」と逐一報告するのですが、10日程度経つと、いきなり「今日オナニーしろ」とLINEが来るのです。そこで私はオナニーをして精子の写真をLINEで送ります。量が少ないとすぐにバレます。昔はAVを見ながらじゃないとヌケませんでしたが、今は限界まで溜めてるので、何も見ずに女王様のためにすぐに射精することができます。

射精管理してくれる女性を探すには

付き合っている女性「射精管理してほしい」というとドン引きされてしまう可能性があります。

射精管理する女性はS気が強くないとできません。

そんなアブノーマルな趣味を持つ女性が使っているのが「Jメール」です。

Jメールは累計登録者数600万人を超える、国内最大級のアプリ。1通50円でメッセージを送れるので使いすぎることはありません。

自分の住むエリアにHな女の子がいないか無料登録してチェックしてみて。

Jメールに無料登録(18歳以上)

関連した記事

羞恥プレイとは?相手が恥ずかしがる羞恥プレイ・注意点を紹介

一般的に、恥ずかしいと思う感情は、できる限り味わい...

2019年07月04日, セックスのテクニック・プレイ

一日中セックスを楽しむアイデア5選

たまの休み。デートするのもいいけど、一日中家でまっ...

2019年07月04日, セックスのテクニック・プレイ

1度はやってみたいアブノーマルセックス10選

恋人とのセックスは楽しいけどちょっとマンネリ気味。...

2019年07月04日, セックスのテクニック・プレイ