まんぐり返しとは?まんぐり返しのやり方とプレイ内容

PARTNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

有史以来、人類は様々な形でセックスを研究してきました。人類の歴史は、セックスと共に歩んできたといっても過言ではありません。

それでも、人間の性に対する探究心は尽きることがなく、性に関する用語は日々増え続けています。「まんぐり返し」と呼ばれる体位は、近年に入ってから言われはじめた言葉のひとつです。

ここでは、そのように比較的新しい言葉である「まんぐり返し」をご紹介します。

まんぐり返しとは

まんぐり返しは、女性が性器を天井に向けた体位のことをいいます。男性側から見ると、女性器と女性の顔を同時に見ることができる点が興奮を煽るようです。

この言葉がいつ頃から一般化し、浸透しきったのかは定かではありません。ただ、この言葉が出てきたのは近代であることは確かです。

ちなみに、女性器の俗語である「まんこ」と、その姿勢が「でんぐり返し」のように見えるため、これを合わせたのか語源。誰が考えたのかは定かではありませんが、アダルトビデオが発祥ともいわれています。

本来は結合部分と女性の顔の両方を見せるための体位なので、基本的にはアダルトビデオの撮影に使われる体位で、あまり一般的ではありませんでした。しかし、アダルトビデオが一般に流通したのを機に、一般人のカップルの間でも使われるようになり、今ではある程度の知名度を得ています。

まんぐり返しのメリット

アダルトビデオで行うまんぐり返しは、女優の顔と結合部分を同時に楽しむことができる、というメリットがあります。そう考えると、通常のセックスで行うメリットはないように感じるかもしれません。

しかし、まんぐり返しには大きなメリットがあります。それは、女性側へ羞恥心を煽ることができるという点です。まんぐり返しの姿勢を取ると、女性器とアナルが広がって丸見えになります。

いくら裸の付き合いができるパートナーとの間柄とはいえ、性器やアナルをまじまじと見つめられるのは恥ずかしいものです。この羞恥心が、興奮の起爆剤となります。

また、まんぐり返しの姿勢は男性の征服欲を刺激する点もメリット。羞恥心で顔を赤らめるパートナーの顔を見れば、その興奮は最高潮にまで昇り詰めるでしょう。

胸やクリトリスを同時に責めることもできる体位で、かつ相手にほぼ完全に身を任せる体位なので、男性側は「自分を信頼してくれている」という安心感を感じる点も見逃せません。

このように、まんぐり返しには特有のメリットがあるのです。

まんぐり返しを使ったプレイについて

まんぐり返しは体位であるものの、そのまま挿入するよりも、様々なプレイに派生するのが普通です。ここでは、よく行われるプレイについてまとめていきましょう。

まんぐり返しでクンニ

男性が女性を愛撫するための行為です。舌をつかって女性器を舐め、女性に快感をもたらします。通常のクンニと異なるのは、クンニをしている男性側も興奮しやすい、という点です。

通常の姿勢でクンニをすると、男性側は女性の顔をほとんど見ることができません。しかし、まんぐり返しの姿勢でクンニをすると、女性がはずがしがる顔や反応がよく見えるので、男性側もやりがいを感じるのです。

また、通常のクンニと違って、明確に男性が「攻める側」という点に魅力を感じる男性もいるようで、Sっ気のある男性でもこの姿勢ならクンニをしたりします。

まんぐり返しをしながら性器への愛撫

まんぐり返しの姿勢を取った女性が自分で足を顔のほうへ持っていき、その状態で男性が愛撫をすると、様々な場所を愛撫することができます。

例えば、手マンをしながらクリトリスを責めたり、胸を触りながらクンニをしたりすることが可能です。他にも、アナルと性器を同時に愛撫することも難しくないので、男性に気持ちよくしてもらいたいという女性に高い人気を誇ります。

まんぐり返しをしながら挿入

まんぐり返しの姿勢のまま、男性が覆いかぶさり、そのまま挿入するプレイもあります。ペニスが奥深くまで挿入されるうえに密着感が強いため、強い快感をもたらす体位です。

また、男性の体重がお尻全体にかかる体位でもあります。女性は男性の全身を感じることができるので、Mっ気のある方に人気が高いようです。

男性側としても、パートナーを奥深くで感じることができるうえ、征服感の強い体位なので、Sっ気のある人はこの体位を好む傾向にあります。

この体位で中出しをすると、必然的に膣道の奥で射精をするため、妊娠確率が高い体位と言われることもありますが、基本的には俗説です。ただ、妊娠しやすい体位と思っておくことで、背徳感から興奮を高めることができるでしょう。

まんぐり返しのやり方とポイント

まんぐり返しのやり方は難しくありません。寝転がったまま、膝を頭の後ろにもっていけばこの体位になります。

ただ、実際にこの姿勢を取ってみるとわかるのですが、思ったよりも不安定な体位です。体が硬いと、少し痛みを覚えるかもしれません。

よって、まんぐり返しを使ったプレイを行うときは、できる限り背中の後ろに枕などを置いて、安定させるようにしましょう。また、首に体重をかけすぎると呼吸が難しくなるので、頭の後ろにも枕などを置くと、安定します。

ちなみに、この姿勢をするときはどうしてもアナルのほうも丸見えになります。耐性のある男性ならばともかく、アナルを見たことがない男性は毛が生えていたり、痔があったりすると興奮するどころか幻滅してしまう可能性もある点に注意しましょう。

まんぐり返しをするときは、毛の処理を普段より入念にしたほうが無難です。また、男性側も、パートナーのお尻が少し汚くても問題がない、と思えるような心構えをしておくのが、楽しいセックスのためのポイントです。

体位・四十八手の人気記事

69体位のやり方:横向きシックスナインについても解説

しみけん氏が提唱する最強体位”ロールスロイス”とは

まんぐり返しとは?まんぐり返しのやり方とプレイ内容

寝バックで膣イキを実現する方法:密着する快感を味わおう

対面上体立位のメリットとは?早漏男性の悩みを解決する体位!