側位で快感を得る方法やポイント:対面側位と背面側位の違いとは?

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

セックスには、色々な体位があります。子孫を残すためだけであれば、体位にこだわる必要はありませんが、恋人関係を保つため、そして親睦を深めるため、セックスの体位は大切。

楽しいセックスをするためには、様々な体位を試してみるのもひとつの手ですが、いきなりアクロバットな体位を試すのは勇気がいるもの。ここでは、誰でも簡単にできる「側位」について紹介していきましょう。

側位とは

側位とは、お互いが横向きになって挿入する体位のことをいいます。お互いに寝そべった状態で挿入、ピストンを行うので、側位と呼ばれています。

アダルトビデオ等では片足をあげて挿入をする、いわゆる片足側位が多いですが、実際のカップルではそれほど行われていません。なぜなら、男性側が射精までもっていくことが難しい体位だからです。

だからといって気持ちよくない体位、というわけではありません。側位には側位のメリットがあり、特にスローセックスを楽しむカップルには重宝されやすい体位です。

側位のメリット

側位のメリットは、「女性が感じやすい体位」という点。

女性が側位で感じやすい理由は、挿入する角度にあります。つまり、側位はペニスによって膣を刺激する範囲が広いのです。

正常位、ないしは後背位などで挿入すると、膣の内で刺激される部分は膣奥、ないしは途中の膣道。一方、側位では膣道の横をペニスの先端が刺激するので、側位に慣れていない女性にとっては未知の快感になるのです。

また、側位はお互いに体力を消耗しづらいというメリットもあります。男性も女性も激しい運動をせずに済み、また、体重のかかる場所もないので、繋がったままで時間を過ごすことができるのです。

そのため、長い時間楽しみたいカップルが側位でセックスを楽しんでいます。この体位であれば、つながったまま、キスや愛撫で体力を回復することができるのです。

側位の種類

側位の種類は、大きくわけて対面側位と背面側位の2種類。対面側位は寝そべったまま、お互いに抱き合って挿入する体位。背面測位は女性の背後から挿入するものを後側位といいます。

対面側位は、全身をくっつけたまま繋がることができます。真正面にパートナーの顔があり、身体全体が押し付けられるので、恋人同士であれば愛しい気持ちがより高まってくる体位だといえるでしょう。

一方、女性器の位置は人によって異なるため、前から挿入するのが困難な場合もあります。また、後側位よりもピストン運動が難しく、男性は快感を得られづらいというという欠点があります。

背面側位は、お互いにねそべったままの形で、お尻側から挿入する体位です。ある程度ピストン運動ができ、また、背後から乳首やクリトリスといった部位を愛撫できる点から、女性が気持ちよくなりやすい体位といえます。似たようなメリットのある後背位と異なり、キスをしやすい点もメリットです。

ただし、あまり射精をしようとして足を突っ張ると、ふくらはぎが吊ってしまうことがあるのは欠点のひとつといえます。そのため、メインの体位というよりは、他の体位への中継ぎ、あるいはお互いに体力を回復させるための体位だといえるでしょう。

側位のやり方

側位は、正しい方法で行わないとペニスが抜けやすくなってしまうので注意しましょう。まずは、女性にうつ伏せに寝そべってもらい、そこから男性が覆いかぶさってください。

そのあと、お互いに足を絡ませあいながら、横に寝そべりましょう。真横を向いたら、そのままお尻のほうからペニスを挿入できるはずです。

この手順でペニスを挿入することによって、挿入したあとも抜けづらく、体力をあまり使わずにピストン運動をすることができます。ピストンをする際は、女性の膣を色々な方向から刺激するつもりで行いましょう。

女性側は、前側位であれば男性にキスを求めてみたり、胸を擦りつけてみたりしてください。片腕が自由になるので、パートナーの性感帯を刺激するのも、側位を盛り上げるコツです。

後側位ですと、女性側はあまりやることはありません。ただ、片腕が自由なので自分の良いところを触ってみたり、パートナーを触ってあげたりすると、興奮のボルテージが大きくあがるでしょう。

側位のポイント・コツ

側位は、基本的に男性側が動くことになる体位です。そのため、男性側がうまく快感を与えないと、盛り上がりにかけてしまうでしょう。

側位で女性が最も快感を得やすいのは、ピストン運動による膣への刺激。よって、男性側は、ピストン運動の方向に気を付けましょう。

男性側は、射精をするためにピストンの速度、回数を重視しがちです。しかし、側位は前述の通り、あまり激しい動きには向いていません。

よって、側位でピストンをする際は、膣を刺激する方向に気を配りましょう。前述の通り、側位は普段刺激しない場所を刺激することができるのが大きなメリットなので、ピストンの方向や、深さに気を付けてください。

もちろん、ピストン運動だけではいけません。セックスの最中に、男性側が女性のクリトリスや乳首など、性感帯を刺激してあげましょう。これによって、より膣のほうに意識が向き、快感を増幅させることができるのです。

関連した記事

[48手体位]浮橋(うきばし)のやり方と注意点

正常位でセックスが飽きてしまったという方は、いつも...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]押し車(おしぐるま)のやり方・注意点

48手とは、江戸時代から伝わたるセックスの体位の種...

2019年07月04日, 体位・四十八手

バック(後背位)で女性をイカせる方法。語りきれないバックの魅力とは

バック(後背位)が1番好きな体位という男性・女性は...

2019年07月04日, 体位・四十八手