交差位のやり方と快感を得るための方法

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

セックスの体位は、パートナーとの愛情を深めるうえでとても大切な要素です。体位によって、女性があまり感じることができなかったり、逆に男性側の満足感が薄かったり、満足のいくセックスをするためにも重要だといえるでしょう。

中でも交差位は、お互いに深く繋がるための体位です。相手のことを体の奥深くで感じることができれば、より強い快感を得るだけではなく、お互いの愛情をより確固たるものにすることができるでしょう。

ここでは、そんな交差位のやり方とポイントについてまとめていきます。

交差位とは?

交差位とは、お互いの足を交差させる体位のことをいいます。一般的には男性と女性の間で行われますが、女性同士が快感を感じるための体位として、この交差位が使われることもあるようです。

男女が行う場合は、正常位から派生した体位なので、それほどやり方などに悩むことはありません。足を絡ませることが絶妙な密着感を生むと同時に、お互いの性器が奥深くで結合することから、いつもとは違った刺激を求めたいカップルの間でよく使われます。

日本では、昔から「松葉崩し」の別名で親しまれており、「つばめ返し」、「窓の月」などの呼び名もよく知られてるようです。また、古代の性典にも似たような体位が記されていることから、交差位は人類が古くから親しんできた体位だといえるでしょう。

交差位のメリット

交差位のメリットとして挙げられるのが、奥深くまで挿入することのできる点。男性にとっては、膣道の奥部分の収縮を実感することができ、女性側にとっては、男性を深くまで受け入れることができたという満足感を味わうことが可能です。

それに加えて、交差位は普段と違った角度で挿入を行うため、いつもと違った性感を楽しむことができる、というメリットもあります。ペニスの先端で入口付近を刺激することで、女性のボルチオやGスポット付近を刺激することもできるのです。

膣壁を刺激することが普段と異なる快感に繋がるため、女性がイキやすい体位ともいわれています。

さらに、足を絡ませることからお互いの体温を感じやすいという点もメリットです。少し肌寒い季節でお互いの体温を分け合えば、二人の愛情もより深くなることでしょう。

交差位のやり方

基本的な交差位は、足を絡ませた正常位です。そのため、正常位と同じような形で挿入を行いましょう。ただ、足を絡ませながら挿入する関係上、手順を間違えるとペニスに余計な力がかかって痛くなるので気を付けてください。

まずは女性側があおむけに寝ころび、男性側が覆いかぶさってから足を絡ませましょう。具体的には、女性側の左足の内側に、男性の右足を入れる、というようなイメージで行うとやりやすくなります。

足を絡ませたら、正常位のような恰好で挿入。このとき、女性側はより体を密着させることで、お互いの息遣いが近づき、よりエロティックな気分になってくるでしょう。

挿入したあとは、正常位と同じような形でピストン運動をしてください。ただ、普通に腰を振っても正常位と同じような雰囲気で終わってしまうので、女性の膣壁を刺激できるよう、楯や横の動きも取り入れるといいでしょう。

女性側は、男性のボルテージがあがってきたら、より強く足を絡ませてあげたり、空いている手を首に回したりして、男性の気分を盛り上げてください。

交差位のポイント・コツ

男性側が交差位を行う際は、女性の内側を「どう刺激するのか」という点を意識しておきましょう。交差位はより深い部分にペニスが挿入されるため、そこで女性の気持ちいい部分を探してあげてください。

女性によって、より奥深くの壁部分が感じる方、逆に浅い部分が感じる方と、性感帯は大きく異なるので、言葉をかけながら、女性の弱点を見つけるといいでしょう。

弱点を見つけたあとは、刺激の仕方にも気をつけるのがポイント。ただ前後に動いていると、いずれ女性側もその刺激に慣れてしまいます。よって、先述したような形で上下のグラインド運動を行ったり、膣壁をなぞるようにゆっくりとした動きをしたり、動きに変化をつけましょう。

もちろん、向かい合う形になるので女性への愛撫も忘れないようにしてください。特に胸の愛撫は、交差位で挿入しながら行う愛撫の定番。膣内と同様、女性の感じ方を見て、気持ちいい場所を探しましょう。

交差位において、女性側は基本的に男性に体を委ねて問題ありません。ただ、まかせっきりではなく、男性の性感帯を適切に刺激したり、奥深くに入ったペニスを、丹田に力をこめて絞めたりすることで、より性感が高めやすくなるでしょう。

交差位を行うときの注意点

交差位は、前述した通り、セックスを楽しむために有用性の高い体位です。しかしながら、ある程度注意点があります。

特に男性側の注意点ですが、ペニスに無理な力がかからないように気を付けましょう。お互いに仰向けになって挿入する場合は、痛いと思ったらすぐに体位を戻してください。最悪の場合、ペニスが折れてしまう可能性もあります。

もしペニスが折れてしまった場合、激痛が走るだけではなく、手術が必要になることもあります。そうなってはセックスを楽しむどころではないので、交差位を行う際は、無理な力がかからないように気を付けましょう。

また、交差位は体位の関係上、よろめきやすい体位です。挿入中に倒れ込んでしまったりすると、事故に繋がる可能性もあるので気を付けてください。ピストンを行うときは、快感も大事ですが、まずは安全に動きましょう。

関連した記事

[48手体位]手がけ(てがけ)のやり方と注意点

椅子に座りながら、イチャイチャしてるとエッチな気分...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]後櫓(うしろやぐら)のやり方と注意点

誰にも見られていないところで急にセックスしたくなっ...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]椋鳥(もくどり)のやり方・注意点

一般のセックスに飽きてきたら、おすすめしたいのが4...

2019年07月04日, 体位・四十八手