[48手体位]首引き恋慕(くびひきれんぼ)のやり方と注意点

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

江戸時代古くから伝わる四十八手。四十八手の中にはSMに近いプレイも存在します。「首引き恋慕(くびひきれんぼ)はそのなかでもソフトな部類のSMプレイです。

首引き恋慕のやり方

首引き恋慕は、首に縄をかけて行うプレイ。密着度をアップすることを目的としています。

まず男性が床に座り、女性も対面座位のような形で向かい合って座ります。対面座位の体勢をとったら、男女お互いに縄をかけます。

縄じゃなくてもネクタイやリボンなど、お互いの首に巻けるものであればなんでもOK。

輪のように結んだ縄を、お互いの首に掛け合った状態で向き合って座った状態になれば、それが首引き恋慕の体位です。

お互いの首で縄を引くように動くことでちょっとしたSMプレイを楽しむことができます。そこまでハードなものではないので初心者に向いているでしょう。

首引き恋慕の注意点

首引き恋慕は、ソフトなSMプレイですが、それでも首に負担がかかりますので、セックスに夢中になりすぎると、首を痛めることも。

また、縄が細かったり、粗すぎたりすると引き合ったときに首の後ろを傷つけることもあります。肌を傷つけない布地のものを使うのがおすすめです。

首に巻くヒモが短かったりすると、顔が近づきすぎて頭を打ったり、首が締まってしまうので注意。

首を支点に引っ張り合うのは遊びとしては楽しいですが、実際ヒモによって股間が密着するわけではないので、気持ちよさとしては、そこまで大きくはないでしょう。

関連した記事

[48手体位]菊一文字(きくひともじ)のやり方と注意点

女性の性感帯は、お尻・太もも・おっぱい・乳首などさ...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]鳴門(なると)のやり方と注意点

普段のセックスに飽きてしまうことは誰にでもあります...

2019年07月04日, 体位・四十八手

短小ペニスにおすすめ!吊り橋(つりばし)のやり方[48手体位]

自分のペニスが小さいため、相手を満足させられないと...

2019年07月04日, 体位・四十八手