[48手体位]帆かけ茶臼(ほかけちゃうす)のやり方と注意点

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

挿入部分を見ながらセックスをしてみたいという願望を叶えた体位が、帆かけ茶臼です。帆かけ茶臼は、日本が誇る性の妙技48手の一つ。挿入している部分を眺めるのも興奮ポイントの一つ。

帆かけ茶臼のやり方

帆かけ茶臼は、ペニスと膣が行き来している所が見える体位。対面座位の一つで、騎乗位の応用技でもあります。そんな帆かけ茶臼のやり方は、まず男性が仰向けに座り女性がしゃがむようにペニスを膣内に挿入していきます。最初は時雨茶臼の体位を取っていくと帆かけ茶臼の体勢も取りやすいでしょう。

時雨茶臼の体勢になったら、男性が体を起こしていき女性の片足を担ぐような形にしていきます。そうしたら、帆かけ茶臼の完成。

イメージは、高くあげた女性の足を船の帆に見立てた感じです。この体位で気持ちよくなるためには、お互いが積極的に腰を動かすこと。積極的に腰を動かし深い快感を得ましょう。

帆かけ茶臼の注意点

帆かけ茶臼は、ペニスと膣の結合部分が丸見えとなるエロい体位。けれども、女性は男性の肩に足を上げられた状態が続くため、柔軟性がないと難しいでしょう。もし体が硬い女性が無理に帆かけ茶臼の体勢を取ろうとすると、足がつったり、背中や腰を痛める恐れがあります。そのため、相手の女性の体が硬い場合は、男性側も無理強いをしないようにしてください。

それと、お互いが向き合って挿入するためお互いが体を動かしにくい体勢になります。この体位はオーガズムを得にくい体位ではありますが、興奮度は高めと言えるでしょう。

関連した記事

[48手体位]菊一文字(きくひともじ)のやり方と注意点

女性の性感帯は、お尻・太もも・おっぱい・乳首などさ...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]炬燵かがり(こたつがかり)のやり方と注意点

寒さの厳しい冬にはこたつがかかせません。特にセック...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]抱き上げ(だきあげ)のやり方と注意点

江戸時代から伝わる性の妙技である48手には、様々な...

2019年07月04日, 体位・四十八手