[48手体位]本駒駆け(ほんこまがけ)のやり方と注意点

PARTNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

激しい腰振りをしたいけれど、最適な体位がないとお悩みの方におすすめなのが本駒駆け。この体位は、江戸時代古くから伝わる48手の中の一つで、激しい腰振りに適しています。

本駒駆けのやり方

本駒駆けは、座位の一つで激しい腰振りに最も適した体位。やり方は、まず男性が床に座り両手を後につきます。その後、女性が男性と同じ向きでペニスに膣が入るように座ります。そうしたら、本駒駆けの完成です。これの体位は、一般座位と呼ばれることも。

そうしたら、女性は少し腰を浮かせながら男性が下から突き上げるよう感じでピストン運動を繰り広げます。さらに良い方法は、男性が腰をつきあげるタイミングに合わせて女性も腰を上下させることです。そうしたら、さらに深い快感が得られます。

他にも円を描くようにペニスを動かしたりと、本駒駆けは様々なバリエーションを試せる体位。

本駒駆けの注意点

本駒駆けは、女性にはあまり負担がないのですが、男性には負担がかかりやすい体位。特に男性の腰に負担がかかります。

そのため、下から突き出すとき動きがきついときは、無理は厳禁。それと女性が腰を大きく激しく動かすとセックスをしている最中にペニスが膣口から抜けてしまうことも。

抜けてしまうだけならまだ良いのですが、お尻が上に来るためペニスをお尻で踏んづけてしまうことがあります。ペニスは繊細のためお尻のような大きなもので踏むとかなりの痛みが生じます。

これらのことを踏まえて、腰を動かすときはあまり激しい動きをしないようにしてください。

体位・四十八手の人気記事

69体位のやり方:横向きシックスナインについても解説

しみけん氏が提唱する最強体位”ロールスロイス”とは

まんぐり返しとは?まんぐり返しのやり方とプレイ内容

寝バックで膣イキを実現する方法:密着する快感を味わおう

対面上体立位のメリットとは?早漏男性の悩みを解決する体位!