[48手体位]理非知らず(りひしらず)のやり方と注意点

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 体位

江戸時代から伝わる48手は、様々な体位があります。その中の一つにSMプレイや道具を使った体位も。ハードなプレイは、戸惑ってしまう方におすすめなのが、理非知らず。

道具を使ったソフトSMプレイで、いつもとは違った刺激を味わうこともできます。

理非知らずのやり方

理非知らずは、江戸時代から伝わる縛りプレイ。女性の手足を縛るソフトSM。古くから縛りプレイがあったと考えるといつの世も人のエロへの関心は変わらないということを実感できます。

そんな理非知らずは、簡単に出来ます。やり方は、まず女性が体育座りをし、そこから手首と足首を縛っていきます。手は後ろでも前でも縛ることができるので、すき好みでそこはやるといいでしょう。

また、足を縛ると挿入の時に扱いが難しくなりますが、少し股になるように開かせて男性が抱え込むように挿入していけば、大丈夫です。

理非知らずの注意点

理非知らずが、道具を使う体位のため縛る際は、強く縛りすぎないように気をつけないといけません。無理に縛ると後がつき、痛みが後日にも残ってしまうこともあります。そうなると、日常生活でも支障がでるため絶対にそういったことはやめてください。

また、SMプレイは女性が嫌がることも少なくないためきちんと同意を得たうえで理非知らずを行ってください。無理にしようとするのは、厳禁です。

けれども、道具を使わないSMプレイをしていき気持ちよく開発していくと女性も慣れてきますので、理非知らずをやる前にSMプレイの開発を行うと同意を得やすいでしょう。

関連した記事

[48手体位]菊一文字(きくひともじ)のやり方と注意点

女性の性感帯は、お尻・太もも・おっぱい・乳首などさ...

2019年05月23日, 体位

[48手体位]ヨシムラのやり方と注意点

48手は、江戸時代から伝わる性の妙技で名前の通りに...

2019年05月23日, 体位

[48手体位]寄り添い(よりそい)のやり方・注意点

48手は、江戸時代から伝わるセックスの伝統的な体位...

2019年05月23日, 体位

いま話題の記事