[48手体位]撞木ぞり(しゅもくぞり)のやり方と注意点

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

たまには、お互い心も体も開けだしてみるものいいでしょう。それを実現出来る体位が、撞木ぞり。相撲技の一つでもあるこの体位は、マンネリした性生活に新たな刺激をもたらしてくれます。

撞木ぞりのやり方

撞木ぞりは、騎乗位の一つです。けれども騎乗位でも難しい体位。そんな撞木ぞりのやり方は、まず男性が仰向けに寝転びます。その後、勃起したペニスの上に女性が腰を下ろすように挿入していきます。そして女性が男性の足の方面を前にして座ります。

しっかりと挿入できたら、女性が男性の頭の方に体をそらしていきます。この時の姿勢は、ブリッヂをするような感じ。女性が感じるところまで体をそらすことが出来たら、男性が下から突き上げていくか、女性が腰を動かしてペニスを出し入れします。そうすると撞木ぞりの完成。

ちなみ相撲もこの技があるのですが、幕内で一度も使われたことがないため、幻の技と言われることも。

撞木ぞりの注意点

撞木ぞりは、騎乗位の体勢で女性が反り返るためかなり女性の体に負担がかかります。セックス初心者には特にとても難しい体位で、ある程度慣れている人でも決して容易ではありません。

行うときは、かなりの集中力が求められます。集中力が切れてしまうと女性が男性の上に倒れてしまうことも。勢いよくペニスが抜けたり、女性の体がペニスの上にのしかかるとペニスを負傷してしまいます。

また、この体位は他の体位よりも快感を得ることが難しい体位です。アクロバティックな体勢を楽しむ体位のため、そこは、割り切りましょう。

関連した記事

[48手体位]流鏑馬(やぶさめ)のやり方と注意点

普通のセックスもいいけれど、たまには道具を使ったセ...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]手がけ(てがけ)のやり方と注意点

椅子に座りながら、イチャイチャしてるとエッチな気分...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]鶯の谷渡り(うぐいすのたにわたり)のやり方と注意点

48手は、江戸時代から伝わるセックスの指南書です。...

2019年07月04日, 体位・四十八手