[48手体位]宝船(たからぶね)のやり方と注意点

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

男性とのセックスで自分からも攻めてみたいと思う方におすすめなのが、宝船。この体位は、江戸時代から伝わる性の妙技である48手の中の一つでもあります。

宝船は、数多くある体位でもあまりない女性主導の体位。やってみると相手の男性の反応も変わることもあります。

宝船のやり方

宝船は、クリトリスの刺激を存分に味わえる女性主導の体位。騎乗位の一つでもあります。やり方は、一般の騎乗位と同じようにまず男性が仰向けに寝転びます。そこに女性が足を交差するように横向きに乗ります。そうしたら、宝船の完成。

挿入できたら、男性の片足を持ち上げそこにつかまりながら、上下運動をしていってください。宝船は、足を交差させるように開くことで一般の騎乗位とは違った刺激が味わえます。

女性主導の体位ですが、挿入が浅い場合などには男性が下から腰をずらしたりしてあげるとさらにお互い気持ちよくなれます。

宝船の注意点

宝船は、通常の騎乗位よりも難しく動いているうちにペニスが抜けてしまうという事態もよくあります。その対策は、しっかりと膣とペニスが組み合わさり深く挿入していくことです。しかも女性は、自分から動くといった経験があまりないため、上手く挿入できない場合もあります。

そのような時は、男性が腰の角度を調節してあげるといいでしょう。さらに、変な角度で行うと、お互いに痛みが生じることも。気持ちよくなるためには、一番角度が大切なため、きちんと角度を気にしながらやっていことが重要です。

関連した記事

[48手体位]帆かけ茶臼(ほかけちゃうす)のやり方と注意点

挿入部分を見ながらセックスをしてみたいという願望を...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]理非知らず(りひしらず)のやり方と注意点

江戸時代から伝わる48手は、様々な体位があります。...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]流鏑馬(やぶさめ)のやり方と注意点

普通のセックスもいいけれど、たまには道具を使ったセ...

2019年07月04日, 体位・四十八手