[48手体位]時雨茶臼(しぐれちゃうす)のやり方と注意点

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

江戸時代から伝わる性技の見本帳である48手には、ニッチな体位も豊富に含まれています。今でも定番として使われる体位の時雨茶臼も48手の一つ。

時雨茶臼のやり方

時雨茶臼は、48手の中でも最も定番の体位。いわゆる騎乗位のことです。時雨茶臼のやり方は、まず仰向けに男性が寝転びます。その後、男性のペニスの上に膣口が入るよう女性が自ら挿入します。そうしたら、時雨茶臼の完成。

その後、大抵の人が知っている通りに女性が腰とお尻を上下させたり、男性が下からつくようにピストン運動をやっていきます。ここでのポイントは、男性が女性の腰などを支え安定を維持することです。そうすることでバランスが取れ、膣奥までしっかりと刺激することができます。

時雨茶臼の注意点

時雨茶臼は、セックス初心者でも簡単にできる体位。セックスの入門としても試してもいいでしょう。時雨茶臼は女性主導で行われることが多いため、早漏気味の男性は興奮しすぎてすぐに射精してしまうことも。

そのため、時雨茶臼をする際はペニスの持久力が高まるよう、オナニーなどトレーニングをしておいた方が無難。早漏では女性を満足させることは難しいです。

また、あまりにも激しくピストン運動をすると腰を痛めることも。腰があまりよくない人は女性主導で動いてもらったほうが良いでしょう。

関連した記事

[48手体位]鳴門(なると)のやり方と注意点

普段のセックスに飽きてしまうことは誰にでもあります...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]つばめ返し(つばめかえし)のやり方と体位

普通に行うバック(後背位)セックスよりもっと刺激は...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]鵯越え(ひよどりごえ)のやり方と注意点

鵯越(ひよどりごえ)は源義経が源平合戦の時に奇襲を...

2019年07月04日, 体位・四十八手