[48手体位]流鏑馬(やぶさめ)のやり方と注意点

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

普通のセックスもいいけれど、たまには道具を使ったセックスもやってみたいと思った方には流鏑馬がおすすめ。

この体位は、女性が主導で道具を使いながら騎乗位をします。特にS気質の女性にはたまらないでしょう。

流鏑馬のやり方

流鏑馬は、道具を使いながら騎乗位をする体位。やり方は、まず男性が仰向けに寝転びその上に女性が乗ります。これだけだと一般の騎乗位と同じですが、一つ違う点は道具を使うことです。

騎乗位の体勢をとったら、女性が男性の首に紐をかけたずなのように引っ張りながら腰を動かしていきます。そうしたら、流鏑馬の完成です。

SMプレイと道具を使ったプレイが好きな人にはたまりません。特にSの女性は男性を征服したかのような独特の刺激を得ることができます。

男性も女性にたずなをかけられる快感を味わうと、ハマってしまうことも。

流鏑馬の注意点

流鏑馬は、やはり一番気をつけることは道具の扱いです。これは、道具を使った体位全般に言える事でもあります。しかも首は非常にデリケートな器官ですので、傷ついたり力強く締めたりするととても危険。

故意にやることはもちろんだめですが、行為中に気分が上がり不意に力を入れて首を絞めていたということは、珍しくありません。相手が男性だから、少し力を入れても大丈夫と思っても絶対に過度に力を入れないでください。

また、男性がこの体位を求めると一般的には相手が気持ち悪がります。そのため、あまり男性からやってほしいと言うのは避けておいた方がいいでしょう。

関連した記事

[48手体位]窓の月(まどのつき)のやり方と注意点

現代ではあまり考えられませんが、江戸時代以前の人た...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]鳴門(なると)のやり方と注意点

普段のセックスに飽きてしまうことは誰にでもあります...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]松葉崩し(まつばくずし)のやり方と注意点

彼女とセックスをしても相手の反応がイマイチでも、も...

2019年07月04日, 体位・四十八手