[48手体位]茶臼のばし(ちゃうすのばし)のやり方と注意点

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

普通の体位では、少し締め付け感が足りないという悩みを持っている男性は少なくありません。江戸時代から伝わる性のテクニックである48手のなかには、そんな悩みを解決してくれる体位があります。

その中の一つが、茶臼のばし。手軽に強い締め付け感も味わえるため満足すること間違いなしでしょう。

茶臼のばしのやり方

茶臼のばしは、誰でも簡単に深い快感を得ることができます。やり方は、まず男性が仰向けに寝転びます。その上に女性が男性と対面になるよう、少し体を浮かした状態で近づきます。

その後、ペニスの上にまたがり膣口に挿入していきます。そうすると茶臼のばしの完成。ここから女性が体を前方に倒していき男性の体と女性の体が密着されるように近づきます。

この体位は、女性が主体でピストン運動をしていくため、女性側のテクニックが求められます。

茶臼のばしの注意点

茶臼のばしは、誰にでも簡単に出来る体位ですが、動きが単調だとあまり盛り上がりません。しかも通常の騎乗位よりも動きにいため、少し工夫が必要です。

女性主導で行う体位のため女性側のテクニックが求められます。ピストン運動を自分から積極的にスムーズに動ける女性は少ないかもしれません。

初めて茶臼のばしをするときは失敗してしまうこともあるでしょう。男性は、上手くいくまで寛容な心で暖かく見守ってあげましょう。

関連した記事

[48手体位]ヨシムラのやり方と注意点

48手は、江戸時代から伝わる性の妙技で名前の通りに...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]後櫓(うしろやぐら)のやり方と注意点

誰にも見られていないところで急にセックスしたくなっ...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]雁が首(かりがくび)のやり方・注意点

48手は、江戸時代から伝わる誇るべきセックスの体位...

2019年07月04日, 体位・四十八手