[48手体位]浮橋(うきばし)のやり方と注意点

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

正常位でセックスが飽きてしまったという方は、いつもとは違う体位を試してみるのもいいかもしれません。その中でも特におすすめな体位が、浮橋。

少し難易度が高いですが、いつもとは違う刺激を得られるため、試してみる価値は大いにあります。

浮橋のやり方

浮橋は、いつもとは違う刺激が味わえる体位。そんな浮橋のやり方は、まず女性がお尻を後ろにつけだしながらバックの体勢をとります。その後、男性が膝立ちになり、女性の腰を下から支えていきます。ポイントは、自分のペニスが女性の膣口にあてがうようにすることです。

そして、実際にペニスを挿入していきます。そうしたら、浮橋の完成です。

この時のイメージは、ちょうど水に浮いた浮き橋のように女性の腰が、ゆらゆらと揺れるように挿入するといった感じです。

浮橋の注意点

浮橋をする際は、女性の様子見ながら行うことが重要です。この体位は、いつもと違った快感が得られますが、女性が横向きのため、Gスポットにあてるのが難しいです。特に女性が快感を得られていないことが多く、反応が薄いのなら他の体位に変えた方がいいかもしれません。

それでもやりたい場合は、ペニスの当たりどころを探ったりして気持ちの良いポイントを見つけるといいでしょう。そうしたら、何回か練習してみると女性の反応も良くなります。

女性が太っている場合、お尻や太ももの脂肪が邪魔をして挿入しにくいです。男性が女性を支えることになるため、肉体的な疲労が蓄積するでしょう。

関連した記事

[48手体位]百閉(ひゃくへい)のやり方と注意点

江戸時代から伝わる48手は、様々な体位があり普段の...

2019年06月19日, 体位・四十八手

[48手体位]雁が首(かりがくび)のやり方・注意点

48手は、江戸時代から伝わる誇るべきセックスの体位...

2019年06月19日, 体位・四十八手

[48手体位]押し車(おしぐるま)のやり方・注意点

48手とは、江戸時代から伝わたるセックスの体位の種...

2019年06月19日, 体位・四十八手

いま話題の記事