[48手体位]手がけ(てがけ)のやり方と注意点

PARTNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

椅子に座りながら、イチャイチャしてるとエッチな気分になることも。そんなときに、おすすめなのが手がけです。この体位は、椅子に座りながら、服を全部脱がずにセックスができます。

手がけのやり方

手がけは、背面座位の一つです、やり方は、まず男性が椅子に腰を掛けて座ります。座った男性の上に女性が座る形でペニスを膣口に挿入していきます。ここでのポイントは、同じ方向を向きながら挿入すること。

上になった女性が上下に動いても良いですし、男性が下から突き上げたり、同時にお互いに動き合っても良い体位です。ここで、膝に乗せた女性の乳首やおっぱい、クリトリスを愛撫していくとさらに快感を得られ、セックスが盛り上がります。

こたつかがりとも非常に似た体位で、こたつ無しバージョンと言えます。こたつがないため、体全体は露出されますが、やけどをする心配がありません。

手がけの注意点

手がけを含む座位は、正常位や後背位に比べペニスの挿入感が浅くなってしまいます。手がけを含む座位にもちろん快感はありますが、愛撫をしながら楽しむ体位のため、一般的な体位よりも快感を得ることができません。けれども、他の体位と組み合わせながら手がけを行えば、快感や興奮を失うことなく楽しめるでしょう。

少し難易度が高い技なので、セックス初心者には難しい体位。お尻や太ももの肉が少し邪魔するためペニスがある程度の長さがないと膣に届かないこともあります。膣に届かないとセックスは始まらないため、ペニスが短い人には厳しいでしょう。

関連した記事

[48手体位]本駒駆け(ほんこまがけ)のやり方と注意点

激しい腰振りをしたいけれど、最適な体位がないとお悩...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]鳴門(なると)のやり方と注意点

普段のセックスに飽きてしまうことは誰にでもあります...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]絞り芙蓉(しぼりふよう)のやり方と注意点

世の男性のなかで、女性の体が嫌いな人はそういないは...

2019年07月04日, 体位・四十八手