[48手体位]炬燵かがり(こたつがかり)のやり方と注意点

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

寒さの厳しい冬にはこたつがかかせません。特にセックスをするときは裸になるため寒いでしょう。そんなときにおすすめが、こたつのなかでするセックス。

古くから伝わる四十八手のなかにも「こたつがかり」と呼ばれる体位が存在します。

こたつがかりのやり方

こたつで温まりながらセックスできる「こたつがかり」は座位の体勢をとります。

まず男性がこたつに両足を入れ、男性の膝の上に女性が乗りバランスを取ります。男性はペニスを挿入したら、ゆっくり動かしていきます。この時、女性が腰を使って上下に動かしてもいいでしょう。

四十八手のなかには「こたつ隠れ」と呼ばれる体位もあります。こちらは対面座位の形をとります。

こたつがかりの注意点

こたつがかりは、日本の冬ならでは体位と言えます。ゆっくりくつろいでる流れの中でスムーズにセックスに移行できるのが特徴。

ただし火傷には要注意。セックスに夢中になりすぎるとこたつの熱い部分に肌が当たり火傷してしまう恐れもあります。

こたつがかりをする時は一旦電源を落としましょう。つけたまま激しいピストン運動をすると、電熱線に肌が触れて火傷してしまうかもしれません。

こたつがかりは、どちらかというとネタ的な体位なので、本格的なセックスには至りません。その点を理解した上で、セックスに挑みましょう。

関連した記事

[48手体位]ヨシムラのやり方と注意点

48手は、江戸時代から伝わる性の妙技で名前の通りに...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]抱き上げ(だきあげ)のやり方と注意点

江戸時代から伝わる性の妙技である48手には、様々な...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]千鳥の曲(ちどりのきょく)のやり方・注意点

48手とは、江戸時代から伝わるセックスの体位の種類...

2019年07月04日, 体位・四十八手