[48手体位]鳴門(なると)のやり方と注意点

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

普段のセックスに飽きてしまうことは誰にでもあります。少し違った刺激が欲しいという方には、鳴門という体位がおすすめ。

鳴門は、渦潮のごとく大回転するのが魅力の体位です。今までにない刺激を味わうことができること間違いなし。

鳴門のやり方

鳴門のやり方は、まず男性が座り女性がその膝の上に座るようにしてペニスを膣口に挿入していきます。ここでは、男性と女性が同じ向きになることが重要です。

その後、座った女性の膝を持って大きく足を開かせ、腰を回転させるようにピストン運動をしていきます。この時、ペニスを回転させ膣内を刺激する様子が、鳴門海峡を想起させるため、鳴門という名前がつけられました。

鳴門は、一般の体位と違い腰を回転させ挿入していくため、これまでと異なる刺激を味わうことが出来ます。見た目も通常の体位と違ったエロさがあり、鏡を見ながら行うとさらにエロさがアップするでしょう。

鳴門の注意点

鳴門は、座位の一つで、深い挿入感を味わえますが、腰に負担がかかります。

あまりにも激しい動きをすると膣内でペニスが折れてしまうことも。座位の特徴として、長いペニスの人ほどやりやすいのですが、その分アソコを痛めやすいです。

それと、M気質がない女性は恥ずかしがって行為を拒否するときもあります。そのようなときは、きちんと座位のメリットを説明し、M気質に開発するといいでしょう。

鳴門のような少しニッチな体位を女性に要求するときは、無理にやらせるのは厳禁です。

関連した記事

[48手体位]理非知らず(りひしらず)のやり方と注意点

江戸時代から伝わる48手は、様々な体位があります。...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]茶臼のばし(ちゃうすのばし)のやり方と注意点

普通の体位では、少し締め付け感が足りないという悩み...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]雁が首(かりがくび)のやり方・注意点

48手は、江戸時代から伝わる誇るべきセックスの体位...

2019年07月04日, 体位・四十八手

いま話題の記事

特集