[48手体位]乱れ牡丹(みだれぼたん)のやり方と注意点

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

江戸時代から伝わる48手の中でも最もいやらしい体位と言えば「乱れ牡丹」。乱れ牡丹は、ペニスと膣が結び合っている部分がしっかり見えるので普通のセックスよりも興奮します。特に、ペニスと膣の結合部分を見ることが好きな男性には、たまらないでしょう。

乱れ牡丹のやり方

乱れ牡丹は、48手の中でもいやらしさ満点の体位。座位の一つでもあります。やり方は、まず男性が床の上に座り、女性が男性に背中を向けるような形で乗っかります。乗っかる際に、女性の足を開かせ、後ろからペニスを膣口に挿入していきます。

動くときに女性が上下していくのが一般的ですが、男性が下から突いてあげると、さらに深い快感を得ることができます。

乱れ牡丹は、女性の足が大きく開かれ結合部分が丸見えとなるため、視覚的なエロさは他の体位よりも抜きんでいます。鏡を前に設置し、写った姿を見ながら行ってみたりと工夫してみてもいいでしょう。

乱れ牡丹の注意点

乱れ牡丹は、視覚的なエロさがありますが、ペニスが抜けやすい体位です。座った女性のお尻の肉がペニスの挿入を浅くしてしまうのです。

そのため、大きかったりある程度の太さがあるたくましいペニスでないとこの体位は困難を極めるでしょう。逆に捉えると長すぎたり、大きすぎるペニスを持っている男性には格好の体位。

それと、体重が重すぎる女性との乱れ牡丹は、下から上に突き動かすのが非常に困難です。しかも体重の重い女性はお尻の肉も多いため、挿入が浅くなります。

けれども、体重の軽い小柄な女性だと乱れ牡丹はやりやすいです。

関連した記事

[48手体位]帆かけ茶臼(ほかけちゃうす)のやり方と注意点

挿入部分を見ながらセックスをしてみたいという願望を...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]抱き上げ(だきあげ)のやり方と注意点

江戸時代から伝わる性の妙技である48手には、様々な...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]寄り添い(よりそい)のやり方・注意点

48手は、江戸時代から伝わるセックスの伝統的な体位...

2019年07月04日, 体位・四十八手