[48手体位]抱き地蔵(だきじぞう)のやり方と注意点

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

彼女とイチャイチャしながら、ラブラブなセックスを実現したいという方におすすめの体位が、抱き地蔵。抱き地蔵は、江戸時代古くから伝わる48手の中の一つです。この体位では、深い挿入で心地よい快感を得ることができます。

抱き地蔵のやり方

抱き地蔵は、座位の1パターンです。抱き地蔵のやり方は、まず男性がソファやベットなど柔らかいもの上に腰をかけ座った体勢を取ります。

その後、女性が男性の正面を向くように膝に座り、男性がペニスを膣に挿入していきます。これで抱き地蔵の完成です。

ポイントは、男性が膝の上に乗った女性の背中を両手でそっと支え、女性は男性の首に手をかけること。そうすることでバランスがとりやすくなります。

この体位は、体同志が密着するため、愛情を感じやすいでしょう。愛情のあるセックスが好きな人から多く支持される体位と言えます。

抱き地蔵の注意点

抱き地蔵は、48手の中でも比較的に挿入しやすく、またペニスが抜けにくい体位なので簡単に出来ます。愛情を感じやすい体位のため、女性が激しく体を動かすことも。そうしたときに、途中でペニスが抜ける可能性があります。ペニスが抜けた後、女性のお尻に挟まれると痛みが生じるため、女性は気をつけましょう。

膣奥まで挿入できる体位なので男性・女性問わず満足感を得やすい体位と言えます。

関連した記事

[48手体位]鵯越え(ひよどりごえ)のやり方と注意点

鵯越(ひよどりごえ)は源義経が源平合戦の時に奇襲を...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]梃子がかり(てこがかり)のやり方と注意点

江戸時代から伝わる四十八手。そのなかには簡単に試せ...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]二つ巴(ふたつどもえ)のやり方・注意点

セックスを長い時間楽しみたいのなら、前戯にも長い時...

2019年07月04日, 体位・四十八手

いま話題の記事

特集