[48手体位]獅子舞(ししまい)のやり方と注意点

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

江戸時代から伝わる性の妙技48手の中でも高難易度な体位が、獅子舞。かなり難しい体位ですが、強い締め付け感が得られます。膣の締め付けが足りないという方は、一度試してみる価値ありの体位です。

獅子舞のやり方

獅子舞は、対面座位の一つで、男性と女性が座って向き合った状態でセックスをします。まず男女ともに向き合って座位します。女性の両足を男性の肩の上に乗せ、女性の手は床に置きます。

男性は手で女性の体を支えペニスを膣に挿入していけば獅子舞の完成。ここでのポイントは、女性は足を高くあげることと男性が女性の腰や背中あたりを支えることです。そうしないと、体勢が崩れ女性が後ろにひっくり返ってしまうことも。

2人のバランス感覚がものを言う、難しい体位です。

獅子舞の注意点

この体位は、膣が男性のペニスに対して垂直となるため通常より深い挿入感が得られます。しかし女性の体が硬いと上手く獅子舞の体勢が完成しません。

非常にバランスの悪い体位のため、ピストン運動をするときに倒れやすくなります。しかも、男性が強く腰をふると女性に負担がかかりお互いが転倒してしまうことも。そのため、しっかりと腕の筋力を使って女性の体を支える必要があります。

女性がやや腰を浮かせることで、自分のGスポットにペニスを当てるようにすることも可能。

獅子舞の体勢を完成させるまでは時間がかかることが多く、それまでに萎えてしまうこともあるので、男性の勃起力も必須です。獅子舞の前にフェラなどの前戯を行うことで勃起状態を維持しましょう。

関連した記事

[48手体位]本駒駆け(ほんこまがけ)のやり方と注意点

激しい腰振りをしたいけれど、最適な体位がないとお悩...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]立ち松葉(たちまつば)のやり方と注意点

正常位・後背位・座位など、同じ体位を続けているとセ...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]鶯の谷渡り(うぐいすのたにわたり)のやり方と注意点

48手は、江戸時代から伝わるセックスの指南書です。...

2019年07月04日, 体位・四十八手