[48手体位]立ち松葉(たちまつば)のやり方と注意点

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

正常位・後背位・座位など、同じ体位を続けているとセックスに飽きてしまうこともあるでしょう。たまには、あり得ないアクロバティックな体位を試してみてもいいかも。おすすめは48手の中の一つの立ち松葉。今までにない楽しみを味わえること間違いなしです。

立ち松葉のやり方

立ち松葉は、一見見ただけではこの体位を実現できるのか疑問を抱きます。それほどのアクロバティックな体位。

どちらかと言うとネタなので、本当に試す人は少ないでしょう。立ち松葉のやり方は、まず女性が仰向けに寝転び足を高くあげます。イメージとしては、背中を床につけながら、自転車のペダルをこぐトレーニングをしている感じです。

そこに男性が立った状態で足を交差させながらペニスを挿入していきます。これで立ち松葉の完成。体勢を維持できるように男性は女性の太ももやふくらはぎをつかんだまま、膝と腰を使ってピストン運動をしていきます。

立ち松葉の注意点

立ち松葉は、48手の中でもかなりアクロバティックな体位。特に女性は逆立ちの状態が続くため、首や背中に負担がかかります。逆立ち自体、脳に血がのぼるため、長時間行うことには不向きです。

男性も無理な体勢での挿入となるため、下手に動きすぎるとすぐにペニスが外れたり、曲がってしまうことも。立ち松葉は、お互いが少しでも気を緩めると怪我をするため無理は禁物です。

関連した記事

[48手体位]首引き恋慕(くびひきれんぼ)のやり方と注意点

江戸時代古くから伝わる四十八手。四十八手の中にはS...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]帆かけ茶臼(ほかけちゃうす)のやり方と注意点

挿入部分を見ながらセックスをしてみたいという願望を...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]碁盤攻め(ごばんせめ)のやり方と注意点

セックスのバリエーションを増やすなら、江戸時代から...

2019年07月04日, 体位・四十八手