[48手体位]抱き上げ(だきあげ)のやり方と注意点

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

江戸時代から伝わる性の妙技である48手には、様々な体位があります。その中でも特に体育会系の方や筋トレが好きな人、アクロバティックな体位が好きな人に、おすすめしたいのが抱き上げ。男性の力強さを示せるため、男女ともに盛り上がること間違いなし。

抱き上げのやり方

抱き上げは、筋トレかとツッコミたくなるほど腕力を必要とする体位。考え方を変えると、筋トレをしながらセックスができるということ。抱き上げのやり方は、まず女性が床に手をつき足を伸ばします。つまり、腕立て伏せのような状態。

男性は、膝立ちになり女性の腰を持ち上げるようにしながらバックの体勢をとります。そしてペニスを膣に挿入すれば抱き上げの完成。

挿入した後は、男性が女性の腰を持ったまま、女性は床に手をついたままでピストン運動をやっていきます。

抱き上げの注意点

抱き上げは、男女ともに腕の筋肉が必要な体位です。どちらかの筋力が不足していると、体位が完成しません。しかも、途中でバランスを崩して倒れてしまうことも。特に女性は、体勢的にも倒れると顔を床に強打することもあるため、十分に注意しましょう。

女性は、一般的に男性よりも筋力がありません。体力に自信のある女性でも厳しい可能性もあるので、男性がしっかりと女性の体を支え、女性の負担を減らしてあげるといいでしょう。

腕の筋力以外にも、バランスを崩さないような集中力も求められます。そのため、腕の筋力と集中力に自信のない方は、やめておいたほうが無難です。

関連した記事

短小ペニスにおすすめ!吊り橋(つりばし)のやり方[48手体位]

自分のペニスが小さいため、相手を満足させられないと...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]雁が首(かりがくび)のやり方・注意点

48手は、江戸時代から伝わる誇るべきセックスの体位...

2019年07月04日, 体位・四十八手

四十八手を完全網羅!セックス体位のバリエーションを増やそう

四十八手とは元は相撲の決まり手のことを指します。江...

2019年07月26日, 体位・四十八手