[48手体位]仏壇返し(ぶつだんかえし)のやり方と注意点

PARTNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

48手は江戸時代から伝わる性の妙技。古くから伝わる48手は、今日でもセックスにおいて有用です。その中で立ちバックが好きな人におすすめしたいのが「仏壇返し」。激しいセックスが好きな人に向いています。

仏壇返しのやり方

48手の一つである仏壇返しは、立位と後背位の中間の体位で、いわゆる立バックです。仏壇返しは、まず女性が立ち、床に両手をつけ、お尻を男性に突き出します。女性は膝をつかず、前屈し立ったまま四つん這いになる形です。男性が後ろから挿入すれば仏壇返しの完成。

この体位は、男性が全身を使ってピストン運動できるため、激しいプレイが可能になります。

仏壇返しの注意点

仏壇返しは、48手の中でも簡単に出来る体位で、深い快感が得られやすいでしょう。しかし全身を使った激しいピストン運動が容易にできるため、女性の気持ちを無視して激しくしすぎることがあります。

あまりにも激しいピストンは、女性によっては痛がりますし、膣が傷つくこともあるため、十分気をつけましょう。

また身長差によって挿入具合が変わるため、お互いの足の開きを調整し、ペニスが挿入されやすい高さ、気持ちのよい角度を探していく必要があります。これを考慮せずに行うとあまり快感を得られないこともあります。

体位・四十八手の人気記事

69体位のやり方:横向きシックスナインについても解説

しみけん氏が提唱する最強体位”ロールスロイス”とは

まんぐり返しとは?まんぐり返しのやり方とプレイ内容

寝バックで膣イキを実現する方法:密着する快感を味わおう

対面上体立位のメリットとは?早漏男性の悩みを解決する体位!