[48手体位]碁盤攻め(ごばんせめ)のやり方と注意点

PARTNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

セックスのバリエーションを増やすなら、江戸時代から伝わる四十八手がおすすめ。バリエーション豊かで奥深い体位に魅力されるはずです。女性を征服するようなプレイをしたい方におすすめなのが「碁盤攻め」です。碁盤攻めは、どのような場所でもやりやすいため野外プレイにも最適です。

碁盤攻めのやり方

碁盤攻めは、バック(後背位)の一つで、四十八手の中でも比較的簡単な体位です。女性を思うままに、後からバックで突くことが出来るため征服感を味わうことができます。

女性は、男性に背を向けるように立ち体を前にかがみこみテーブルやベッドに両手をつき、体を安定させます。そこからお尻をつきだし、そのお尻に男性がペニスを膣内に挿入していけば、碁盤攻めの完成。

ここでのポイントは、女性は膝の高さよりも低いテーブルやベッドに手をつくことです。そうすることで、よりお尻が突き出した状態になるためピストン運動がやりやすくなります。

碁盤攻めの注意点

碁盤攻めは、女性が上体を下げた姿勢で行うため、気分が悪くなることも。碁盤攻めをする際は、長時間のセックスは厳禁です。

また、激しすぎるピストン運動は、女性のお尻から手が離れ、転倒してしまうことも。激しいピストン運動も避けておくべきですが、女性のお尻をしっかりと支え、バランスをとることも重要です。

それと、膣の深いところまでペニスが挿入されるため、ペニスが長すぎる人にはお勧めできません。女性の子宮口までペニスが届くと痛みが生じてしまうことも。

体位・四十八手の人気記事

69体位のやり方:横向きシックスナインについても解説

しみけん氏が提唱する最強体位”ロールスロイス”とは

まんぐり返しとは?まんぐり返しのやり方とプレイ内容

寝バックで膣イキを実現する方法:密着する快感を味わおう

対面上体立位のメリットとは?早漏男性の悩みを解決する体位!