[48手体位]梃子がかり(てこがかり)のやり方と注意点

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

江戸時代から伝わる四十八手。そのなかには簡単に試せる体位や、テクニックが求められる難しいものまで幅広い体位が記されています。48手の一つである梃子がかりは、高いテクニックが求められますが、足フェチにはたまらない体位です。

梃子(てこ)がかりのやり方

梃子がかりは、69(シックスナイン)に近い、アクロバティックな体位。

まず女性が仰向けに寝転び、その上に男性が女性と反対向きの体勢で入れ子の状態になります。

男性が少し前に体を移動し、膣にペニスを挿入していきます。たた、膣の角度とペニスの角度が反対になるため、挿入するのは至難の業です。

男性は女性の足を存分に楽しめる体勢であるため、足フェチにはたまらない体位です。またいつもと異なる角度で挿入することになるので、女性は一味違った感覚を味わえるかも。

梃子がかりの注意点

梃子がかりは、挿入が非常に難しい体位なので、セックス初心者が容易にマネするのはNG。そもそも女性が喜んでやってくれるかどうかも怪しいです。

やる際は、事前の確認が必須でしょう。

逆さ向きに挿入するので、ペニスの長さや太さだけでなく、硬さや持久力も求められます。もたついているうちにペニスが縮んでしまえば、相手を満足させることができません。

つまり、梃子がかりは、ペニスとテクニックに自信がある人しかできない体位。

それ以外の方で梃子がかりをやりたい人は、相手の女性がミスをしたり、ペニスが萎えてしまっても笑ってくれたりしてくれる寛容のある方だった場合には、試してみてもいいかもしれません。

関連した記事

[48手体位]後櫓(うしろやぐら)のやり方と注意点

誰にも見られていないところで急にセックスしたくなっ...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]鵯越えの逆落とし(ひよどりごえのぎゃくおとし)のやり方・注意点

鵯越えの逆落としは、かなりニッチで、48手中最も難...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]岩清水(いわしみず)のやり方と注意点

48手の一つである岩清水は、セックスのマンネリ感を...

2019年07月04日, 体位・四十八手