短小ペニスにおすすめ!吊り橋(つりばし)のやり方[48手体位]

PARTNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

自分のペニスが小さいため、相手を満足させられないと悩む男性は数多くいます。挿入してもすぐ抜けてしまうと女性も満足行くまでセックスできないでしょう。そんな悩みを解決してくれる体位が、「吊り橋」です。四十八手の一つである「吊り橋」は、ペニスが小さく短い人におすすめの体位です。

吊り橋のやり方

吊り橋は、正常位の一つ。普通の正常位との違いは、仰向けになった女性の体を宙に浮かせた状態で、男性が挿入することです。

まず女性が仰向けに寝転びその後、床に肘をついた状態で女性が腰を少し空中に浮かします。そこで、男性が女性の腰を手で持ち上げます。これで吊り橋の完成です。

ポイントは、女性が腰を浮かせてブリッジ状態を維持すること、男性が腕力で女性を支えることです。

吊橋は、女性の腰に負担がかかり、男性の腕にも負担がかかるというデメリットもあります。しかしペニスが短くても膣の奥まで挿入出来るというメリットがあります。

女性は腰が浮くので、Gスポットまでペニスが届きやすいです。男性は女性の腰のあたりを持ち上げることで、スムーズに出し入れが可能になります。

吊り橋の注意点

吊橋は男女問わず体力が必要とされます。そのため力のない男性、太っている女性の組み合わせだと実現が難しい可能性も。

男性は常日頃から筋力を鍛えておきましょう。

感じやすい女性であれば数十秒で中イキも可能。男性が腰を持って動かすため激しい動きもできます。

Gスポットは膣の上辺り、おへその下辺りにあります。角度を調整して突くことで、中イキしやすい体勢をつくりましょう。

体位・四十八手の人気記事

69体位のやり方:横向きシックスナインについても解説

しみけん氏が提唱する最強体位”ロールスロイス”とは

まんぐり返しとは?まんぐり返しのやり方とプレイ内容

寝バックで膣イキを実現する方法:密着する快感を味わおう

対面上体立位のメリットとは?早漏男性の悩みを解決する体位!