深い挿入が可能!深山(みやま)のやり方[48手体位]

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

女性とのセックスでフィニッシュの体位に困ったら「深山(みやま)」がおすすめ。深山は、江戸時代から伝わる四十八手の一つで、密着度の高い体位の一つ。男女問わず強い性感が得られるので、一緒にイキたいときにおすすめの体位です。

深山のやり方

深山は、正常位の一つです。女性が仰向けに寝転び、足を高く持ち上げます。男性はその足の間に顔を入れ、足を抱え込むような形で挿入します。女性のお尻を少し浮かせつつ挿入したら「深山」の完成です。

俗に言う「マングリ返し」に似ていて、女性の足を体側に倒し、挿入することで深い挿入感を得ることが可能。

お尻を少し持ち上げることで、ペニスと膣が垂直になり、密着感がアップ。結合部もよく見えるため視覚的にも刺激を得やすいでしょう。

深山の注意点

深山の注意点は特にありませんが、しいて言えば気持ちよくなりすぎて、つい中出しをしてしまうことがあります。深い挿入で刺激が強いため、男性はすぐにイッてしまうでしょう。膣の奥まで強く突けて、激しい動きも可能なため、男女問わず強い快感を得られます。フィニッシュにはもってこいの体位と言えるでしょう。

しかし子作りを目的としていないセックスであれば、しっかりコンドームを着用し避妊しないと取り返しのつかない自体になりかねません。

関連した記事

[48手体位]帆かけ茶臼(ほかけちゃうす)のやり方と注意点

挿入部分を見ながらセックスをしてみたいという願望を...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]乱れ牡丹(みだれぼたん)のやり方と注意点

江戸時代から伝わる48手の中でも最もいやらしい体位...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]雁が首(かりがくび)のやり方・注意点

48手は、江戸時代から伝わる誇るべきセックスの体位...

2019年07月04日, 体位・四十八手