[48手体位]達磨返し(だるまかえし)のやり方と注意点

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

SMプレイが好きな人の定番といえば手足を縛ったプレイです。江戸時代から伝わる48手のなかにも縛りプレイがあります。それが「達磨返し(だるまかえし)」と呼ばれるものです。通常の正常位大きく変わらないので誰にでも試すことができます。

達磨返しのやり方

達磨返しは、正常位の一つです。最初に女性が仰向けの状態になります。太ももをぴったりと閉じた状態で膝を曲げていきます。仰向けのまま体育座りをするようなイメージです。男性は女性の足を抱きかかえるようにしながら正常位で挿入します。

ヒモなどがあれば太ももを縛って行うのが基本ですが、SMプレイをしたことのない人は縛らなくても大丈夫です。

達磨返しするときのポイントは、女性のお尻が床から少し浮き上がるように女性の足を支えながら上に持ち上がると、ペニスと膣の角度が上手く調整され、深く挿入しやすくなります。

達磨返しの注意点

特に難しい体位ではありませんが、女性の足を上手く持ち上げないと、挿入が浅くなってしまいます。

女性の足をしっかりホールドした状態で水平に動かしていきます。少しだけ女性の足を持ち上げることです。Gスポットにペニスが当たりやすくなるので性感がアップします。子作りの際はそのまま中出しすると妊娠しやすいでしょう。

女性の足を縛るときは、きつく縛らないように注意。女性の体に跡がついてしまうため、慣れないうちはきつく縛らない方が無難です。

もし、女性が縛られるのがどうしても嫌がるなら、無理に強要してはいけません。

関連した記事

[48手体位]帆かけ茶臼(ほかけちゃうす)のやり方と注意点

挿入部分を見ながらセックスをしてみたいという願望を...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]流鏑馬(やぶさめ)のやり方と注意点

普通のセックスもいいけれど、たまには道具を使ったセ...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]茶臼のばし(ちゃうすのばし)のやり方と注意点

普通の体位では、少し締め付け感が足りないという悩み...

2019年07月04日, 体位・四十八手