[48手体位]しがらみのやり方と注意点

PARTNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

江戸時代から伝わる四十八手。もともと相撲の決まり技を指しますが、江戸時代において体位をまとめたものとしても知られています。

普通の正常位に飽きたカップルにおすすめなのが「しがらみ」と呼ばれる体位。男女ともに性感がアップする簡単な体位です。

しがらみのやり方

しがらみは、股でペニスをしめつけ快感をアップさせる体位。この技は、48手の中の一つである締め小股とも似ています。

やり方は簡単で、まず正常位の体勢で男性が女性にペニスを挿入します。その後、二人とも足を伸ばしていき、足先を絡めながら女性が太ももにぐっと力を入れペニスを挟み込めばしがらみの完成。

足先まで絡み合い、ペニスは太ももに触れながらの密着した体位なので濃厚なセックスができます。

しがらみの注意点

しがらみは、女性の足が閉じた状態で行うため、どうしても膣までの距離が長くなります。そのため、膣への挿入感が浅くなります。

長さのあるペニスでないと膣まで届きませんが、その場合は太ももでピストン運動することで男性はイクことができます。

ローションを使うことで、より性感をアップすることができるでしょう。

ピストン運動の途中でペニスが膣から抜けてしまうこともあるので短いペニスだと難しい体位です。

それでも、しがらみをやりたい方は少し女性に足を開いてもらったりといった工夫が必要でしょう。その代わりに、締め付けは弱まります。

関連した記事

[48手体位]茶臼のばし(ちゃうすのばし)のやり方と注意点

普通の体位では、少し締め付け感が足りないという悩み...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]獅子舞(ししまい)のやり方と注意点

江戸時代から伝わる性の妙技48手の中でも高難易度な...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]千鳥の曲(ちどりのきょく)のやり方・注意点

48手とは、江戸時代から伝わるセックスの体位の種類...

2019年07月04日, 体位・四十八手