[48手体位]締め小股(しめこまた)のやり方・注意点

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

最近のセックスがつまらない、特に彼女の締め付け感に満足できていないという方におすすめしたいのが、しめ小股。

この体位は、江戸時代から伝わる48手体で、実践してみるとこれまでにない刺激的で気持ちいセックスになります。

しめ小股のやり方

しめ小股は、強烈な締め付けにより気持ちよくなれる体位です。伸長位の一つでもあります。実際のやり方は、まず女性が仰向けに寝転びます。ここでのポイントは、足をのばしリラックスした状態でまっすぐになります。

女性が寝転んだあとは、男性が仰向けの女性の上にかぶさるように太ももの隙間からペニスを膣に入る差し込んでいきます。

ペニスが膣に挿入されたら、女性はペニスを太ももに挟むような感じで閉じていきます。しめ小股は、膣だけでなく太ももの筋肉を使ってペニスを挟みます。

そのため、手で行うオナニーや一般のセックスよりも強い締め付け感が得られます。おそ漏れの人や強いしめつけでないと感じることの出来ない方には特におすすめの体位です。

しめ小股の注意点

しめ小股は、どうしても普通の正常位よりも挿入が浅くなってしまいます。なぜなら、太ももで閉じているため、ペニスの根本までずっぽりと膣に挿入できないからです。

短小の場合だと膣内に挿入する部分が少なくなるため、女性があまり快感得られません。しめ小股は、男性優位での体位のため、この体位ばかりをすると自己中な人と思われる可能性もあります。

それと、あまりにもきつくしめるとペニスが傷つく恐れもあるため、適度な締め付けが重要です。

関連した記事

[48手体位]時雨茶臼(しぐれちゃうす)のやり方と注意点

江戸時代から伝わる性技の見本帳である48手には、ニ...

2019年06月19日, 体位・四十八手

[48手体位]百閉(ひゃくへい)のやり方と注意点

江戸時代から伝わる48手は、様々な体位があり普段の...

2019年06月19日, 体位・四十八手

[48手体位]鵯越え(ひよどりごえ)のやり方と注意点

鵯越(ひよどりごえ)は源義経が源平合戦の時に奇襲を...

2019年06月19日, 体位・四十八手

いま話題の記事