[48手体位]椋鳥(もくどり)のやり方・注意点

PARTNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

一般のセックスに飽きてきたら、おすすめしたいのが48手体位。48手体位は、江戸時代から伝わるセックスの体位の指南。決して特別ではなく誰にでも簡単に出きます。

特に女性のマンコを貪りつくしたい方におすすめしたいのが、椋鳥です。

椋鳥のやり方

椋鳥は、女性のマンコを貪りつくすことができる体位です。椋鳥は、シックスナインと呼ばれるものと同じ体位を指します。

やり方は、まず女性が床に寝た体勢をとります。そして男性が女性に覆いかぶさるようにお尻を女性の顔に近づけ、顔を女性の股付近に近づけます。イメージとしては女性も男性も反対側の体勢で性器に顔を近づけるといったような感じです。

その後は、お互いが相手の性器を舌や唇で舐め合ったり、指を使って刺激しあいます。相手を愛撫しながら、自分も愛撫されるため、一体感を味わいつつ快感を得られます。

これは、時間短縮にもなりますので短い時間でセックスを行うときなどには最適の方法です。

椋鳥の注意点

椋鳥は、女性の苦しさが強い場合があるため、そこは存分に男性側が注意する必要があります。男性が上に覆いますので腰を使って女性の口に挿入するイラマチオの状態になりがち。

そのため、強くペニスを女性の口に挿入しすぎてしまうことが数多く、女性に負担がかかってしまいます。この体勢でのイラマチオは、女性の喉や口を痛めることもある危険な行為ですので、椋鳥をやる際には、イラマチオを避けておくことが無難です。

体位・四十八手の人気記事

69体位のやり方:横向きシックスナインについても解説

しみけん氏が提唱する最強体位”ロールスロイス”とは

まんぐり返しとは?まんぐり返しのやり方とプレイ内容

寝バックで膣イキを実現する方法:密着する快感を味わおう

対面上体立位のメリットとは?早漏男性の悩みを解決する体位!