[48手体位]雁が首(かりがくび)のやり方・注意点

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

48手は、江戸時代から伝わる誇るべきセックスの体位の指南です。48手の中でも、日本に限らず世界から最も愛されているのが雁が首です。

この体位は、男性を喜ばせたいと思う女性にもおすすめの体位となっております。

雁が首のやり方

雁が首とは、簡単に言うとフェラチオのことです。雁が首のやり方は通常のフェラチオと同じ。

男性がまず、仰向けになり女性がすわります。そのあと、女性が男性の勃起したペニスに顔を近づけ、唇や舌を使ってなめたり咥えたりしていきます。吸い上げるように、ペニスを刺激するのもとても良いやり方。

ここでのポイントは、ペニスの裏筋を特に舐めたりして刺激を与えること。ペニスの最も感じる部位は、裏筋。筋をなぞるように刺激されると男性は、たまりません。

セックスで挿入する前に、前戯として雁が首をすると男性の勃起力も高めることができ、セックスも一層盛り上がります。

後戯として射精した後に雁が首をするのも男性はとても喜びます。

雁が首の注意点

雁が首が下手な女性にありがちなのは、歯がペニスにあたってしまうこと。歯が当たると痛みが走り、運が悪ければペニスから出血してしまう恐れも。そのため、なるべく歯が当たらないように気をつける必要があります。

また、男性が気をつけることは、女性が雁が首をしているときに喉の奥にまで腰を動かすことです。女性の喉を傷つけてしまうこともありますし、ペニスが傷ついてしまうこともあります。

雁が首をする際には、健全なやり方で行うことが重要です。

関連した記事

[48手体位]立ち松葉(たちまつば)のやり方と注意点

正常位・後背位・座位など、同じ体位を続けているとセ...

2019年06月19日, 体位・四十八手

[48手体位]椋鳥(もくどり)のやり方・注意点

一般のセックスに飽きてきたら、おすすめしたいのが4...

2019年06月19日, 体位・四十八手

[48手体位]寄り添い(よりそい)のやり方・注意点

48手は、江戸時代から伝わるセックスの伝統的な体位...

2019年06月19日, 体位・四十八手

いま話題の記事