大人の恋愛とセックスを学ぶためのメディアPARTNER[パートナー]

[48手体位]立ち花菱(たちはなびし)のやり方・注意点

PARTNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

江戸時代から伝わる四十八手は、体位の指南書だと思われていますが、なかには前戯に関する事項もあります。その一つが「立ち花菱」。立ち花菱の名前の由来は日本の家紋である花菱紋。花の模様を女性器に見立てたと言われています。

立ち花菱のやり方

立ち花菱は、挿入する体位ではなくクンニをするための体位です。48手の中で挿入を伴わない体位は珍しいと言えるでしょう。

通常のクンニは、男性が女性の股に顔を埋めて行いますが、立ち花菱では、仰向けになった女性の腰の下に枕や巻いたタオルなどを差し込みます。そうすることで、お尻が浮きあがりクンニしやすくなります。

通常のクンニでは床に平行になるため、男性はちょっと無理しないとクンニすることができません。立ち花菱なら、クリトリスや膣が見えやすくなり、スムーズに愛撫することができるでしょう。また女性の羞恥心がかきたてられる体位でもあります。

立ち花菱の注意点

立ち花菱をやる上での注意点は、女性の腰の下に入れるもので角度を調節することです。相手女性の腰の高さに合わないタオルや枕を敷くと、女性の腰に負担がかかってしまいます。そのため、立ち花菱をやる際には、なるべく腰に負担の少ない柔らかいタオルや枕を敷きましょう。

またより性感をアップさせるためには言葉責めなども必要です。せっかく女性が恥ずかしい格好になるので、「丸見えだよ」など言葉責めをすることで、より盛り上がることができるでしょう。口や指を駆使して、しっかりと女性を前戯しましょう。