[48手体位]鶯の谷渡り(うぐいすのたにわたり)のやり方と注意点

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 体位

48手は、江戸時代から伝わるセックスの指南書です。セックスの挿入に関する体位が主ですが、愛撫の方法も数多く存在します。

その中の一つがウグイスの谷渡り。この方法は、最初は少し恥ずかしいかもしれませんが、一度試すとはまってしまう女性も少なくありません。

ウグイスの谷渡りのやり方

ウグイスの谷渡りのやり方はとても簡単。まず、女性を仰向けに寝かせ、その体に男性が口や舌を使って愛撫します。ここでのポイントは、手を使わないで口だけで女性を攻めていくです。口だけでと言ってもやり方は、舐めたり、吸ったり、舌を這わせたりと様々。

鳥のように唇をすぼめ、固くしつつくように女性の体を刺激していくという方法がいいかも。

ウグイスの谷渡りは、女性の感度を高めるのに効果的です。そのため、前戯の時に取り入れるといいでしょう。

ウグイスの谷渡りの注意点

ウグイスの谷渡りは、ハードなプレイでもなく難しい体位でもないため、気軽にできます。

ある程度時間をかけてゆっくりと全身を愛撫してあげると女性は喜びます。ただし無駄に長引かせてしまうと女性が興ざめしてしまう恐れも。

女性は気持ちよくないところをずっと愛撫されても気持ちが盛り上がりません。自分が舐めたいところばかり攻めず、相手が気持ちよさそうなポイントを見つけて、ウグイスのように攻めるのがおすすめ。

関連した記事

[48手体位]ヨシムラのやり方と注意点

48手は、江戸時代から伝わる性の妙技で名前の通りに...

2019年05月23日, 体位

[48手体位]時雨茶臼(しぐれちゃうす)のやり方と注意点

江戸時代から伝わる性技の見本帳である48手には、ニ...

2019年05月23日, 体位

[48手体位]後櫓(うしろやぐら)のやり方と注意点

誰にも見られていないところで急にセックスしたくなっ...

2019年05月23日, 体位

いま話題の記事