ウテルスセックスとは何か。その危険性と実現可能性について

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , セックスのテクニック

「ウテルスセックス」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。ウテルスセックスにまつわる噂としては、強いオーガズムを感じられたり、快感を得られる方法と言われていますが、それらは本当でしょうか。

ウテルスセックスは実は危険なセックス。そもそもやろうとすること自体が間違いです。ウテルスセックスについて正しい理解と知識を持ちましょう。

ウテルスセックスとは?

子宮の付近のポイントを刺激することで強いオーガズムを得ることができる方法として、「ポルチオセックス」が知られていますが、最近「ウテルスセックス」という名前を聞くようになりました。ウテルスとは「子宮」を意味しており、子宮を刺激するセックスという意味です。

ポルチオセックスでも十分な刺激や圧迫によって子宮を刺激し、強い快感を得られますが、ウテルスセックスは子宮を直接刺激する方法で、それ以上の快感を得られると言います。しかし子宮を直接刺激するなんて、そんなことが果たしてできるのでしょうか。

ウテルスセックスは不可能?

アダルトビデオやエロ漫画などでは、セックスの描写において「子宮に届いた」などの表現がされることがあります。しかし、現実問題としてペニスを子宮に挿入したり、指やアダルトグッズで子宮を刺激することは不可能です。医療現場では、特殊な器具を利用して子宮内を診たり、中を触ることがありますが、あくまでも医療器具を利用した場合です。

ペニスはどんなに頑張っても子宮の入口付近までしか届きません。子宮は膣の角度から考えて、ペニスを曲げないと物理的に届かないところにあるのです。

また子宮口というのは基本的に閉じています。子どもを出産する場合でさえ、数cmしか開かないので、精子は子宮に到達しますが、ペニスは子宮には届きません。

ウテルスセックスはポルチオセックスの勘違い?

アダルトビデオなどのキャッチコピーでは「ウテルスセックス」という言葉が出てきたり、「子宮に当たる」などのセリフが出てくるため、ウテルスセックスを試そうとする男性もいるようですが、現実的には不可能。間違った知識によって、子宮を無理やり開かせようとすれば、女性のデリケートな部分を傷つけてしまいます。

ウテルスセックスはおそらくポルチオセックスと勘違いされています。ポルチオセックスは現実的に可能なプレイです。

ポルチオとは、Gスポットと同じく膣内にある性感帯の一つで、強い刺激を得られると言います。ポルチオは子宮口の手間にあることが多く、ここが強い快感を呼ぶことから、ウテルスセックスと勘違いしている可能性があります。

ポルチオスポットを見つけることは困難ですが、たとえば出産経験者であれば、子宮口が柔らかくなり、ペニスがポルチオに当たりやすくなっている可能性があります。

ポルチオセックスを試そう

どうしても子宮付近での快感を得てみたい、挑戦してみたいという場合は、ウテルスセックスではなく、ポルチオセックスがおすすめ。

ポルチオセックスは通常の挿入では得られない快感を味わうことができ、終わった後は足がガクガクし、放心状態になる人もいるほど。

強い快感をセックスで手に入れる際は、正しい知識で安全に執り行いましょう。

関連した記事

ベビーオイルを使ったセックスで女性を骨抜きにする方法

普通のセックスに飽きてしまったり、より気持ち良いセ...

2019年05月23日, セックスのテクニック

精子は飲んで大丈夫?男性が口の中で射精したがる理由

男性の中には射精するときに、女性の口に精子を出した...

2019年05月23日, セックスのテクニック

フェラが好きな女性心理:フェラ好き女の見分け方・特徴を紹介

男が大好きなプレイの一つにフェラチオがあります。フ...

2019年06月12日, セックスのテクニック

いま話題の記事