早漏を治す方法16選:早漏になってしまう3つの原因とは

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , ED・セックスレス

早漏に悩む男性のなかには、体質だから仕方ないとあきらめてしまっている人もいるようです。早漏の原因は生まれつきということもありますが、刺激に慣れていなかったり、心理的な面が影響しているとおも言われています。早漏になっている原因を押さえて、しっかりと対策をすることで改善につながる可能性もあります。

早漏の原因

過敏性早漏

過敏性早漏とは刺激に弱く、ペニスを少し触られただけで射精してしまう人のこと。

過敏性早漏は比較的に若い人に多く、仮性包茎で刺激に慣れていない人も多いです。本来であれば刺激を受けてから射精の準備に入りますが、過敏性の人は生まれつき陰茎周辺の神経が敏感であり、ほぼ脊髄反射のような状態で射精してしまいますので、自分の意志だけではコントロールできません。

心因性早漏

心因性早漏は、その名の通り心理的な興奮が原因で起こる射精のこと。エッチなイメージをするだけで、外的な刺激がなくても射精してしまいます。

過去のセックスで失敗したり、相手に「早いね」と笑われたりと、心の問題やトラウマが原因として挙げられます。心因性早漏のやっかいなところは、自分で早漏であることを自覚すればするほど、症状が悪化することです。

衰弱性早漏

こちらは40代、50代男性に多く見られる症状ですが、加齢や筋肉の衰えによって射精をコントロールすることができなくなってしまう症状。射精しやすい状態を招いていしまいます。

こちらは勢いよく射精すると言うよりは、ダラーッと射精することが多く、勢いも弱いのが特徴です。

早漏を治す方法

オナニーを工夫する

オナニーを射精するための楽しみにせず、オナニーをしながらイクまでのプロセスを楽しむ特訓をしましょう。

これはオナニーしながら、いきそうになったら一旦動きを止め、射精感が収まったらまた始める。それを何度も繰り返します。

ペニスの皮の外径を擦るオナニーではなく、直に亀頭を刺激して実施すると更に効果的です。脳の想像訓練と、亀頭の刺激耐圧訓練を時間をかけてやってみることは理に適った方法といえます。

射精する事を楽しみにするのではなく、射精するまでの快感を楽しむ事にスポットをあてて実施してみてください。イキそうになったら別な事を考える、擦るのをやめてみる。ストップ&ゴーを亀頭への直接訓練しながら実施しましょう。

また、すぐにイッてしまう方は刺激に慣れていないのかもしれません。TENGAが販売している「トレーニングカップ」なら刺激のレベル別でTENGAが用意されているため、徐々に慣らしていくことで早漏改善につながるでしょう。

TENGA トレーニングカップ

セマンズ法

セマンズ法とは射精しそうになったら、刺激を止め、射精感が収まったら再び刺激を始めるというのを繰り返すことというトレーニング方法です。

早漏の人は、射精したときの快感が忘れられず、射精感が来たら、一気に出してしまうという方がほとんどです。セマンズ法は射精したときの気持ちよさに対する執着を取りさる修行ようなものです。

つまり、射精を遅らせることができるトレーニングではなく、あくまで精神面での改革を起こしやすい方法となっています。

スクイーズ法

トレーニング方法で「スクイーズ法」というトレーニングがあります。

このスクイーズ法は、挿入によって得る快感をわざとストップさせ持続力を鍛えるという方法です。ただし、スクイーズ法は1度試しただけでは効果がないので何度も行わなければいけません。

受け入れる女性側も男性側も不満とストレスが溜まる方法ですので、お互い納得した上で行う必要があります。

意識を別のところに持っていく

心因性早漏の人の多くが、セックスのときこれから起こるエッチな想像をしてしまい、女性が触れる前に射精してしまいます。

なのでセックスの時に、「可愛い女の子が股をひらいている」「めちゃくちゃエッチなことされている」と考えてはダメ。

「すごくブスとヤッている」「すごくババアとヤッている」など眼の前の女性以外を想像するか、「今日の晩ごはんなんだろう」と別のことを考えてみましょう。

他にもテレビなど流しながらセックスをし、イキそうになったらテレビを見ることで気をそらします。これで多少はコントロールすることができる人もいます。

医師に相談する

心因性早漏の人は、過去のセックスの失敗やトラウマが原因となっていることが多いので、専門の医師に話すことで改善する心理療法があります。

体の筋力を鍛える

勃起をさせる、勃起を維持させると言う事は体の血流に関係していて、力強いセックスをしつつ、快感を調整させると言うことは、体幹筋力に大きな影響があります。

ジョギングや腹筋トレーニング等を続けて行なうと、ペニスの硬さや太さも変わり、刺激に耐えうる体幹の筋力が鍛えられるはずです。

筋力をつければ刺激を自己調整出来るようになっていくでしょう。

しっかりと睡眠をとる

睡眠不足の時の男性はセックスをする際は、早く済ませてしまおうと考えがちです。睡眠不足でのセックスは良いパフォーマンスを発揮出来ません。

せめて、翌日に女性とセックスをする予感がある時には早めに睡眠をとり、体の体調を整えておきましょう。

食事療法・自然食を取り入れる

食事の栄養バランスは早漏に大きく影響します。健康な子孫を残そうとさせる行為ですから、健康な精子を作らせるには、健康な体と食事に関係してくるからです。

身近な食品で言えば、バナナ・牛乳・ヨーグルト・納豆・アーモンド・赤身の肉等を積極的に取り入れると良いでしょう。これらに含まれるトリプトファンという成分は、セロトニンを作り出す役割があり精神の安定や睡眠の質の向上や早漏の改善などに効果があると言われています。

サプリメントを服用する

なかなか食事で必要は栄養素を摂取することができないという場合は、サプリメントを服用するのもひとつの手です。

例えば、アルギニンや亜鉛は精力を向上させる効果があると言われており、これらの成分を含む男性向けサプリメントも販売されています。

朝日を浴びる

早漏の原因のひとつに自律神経のバランスが崩れていることが考えられます。この自律神経のバランスをとる上で重要なのがセロトニンという物質で、朝日を浴びるとセロトニンという物資が体内にできると言われています。セロトニンは早漏の改善以外にも、ストレスや睡眠の質にも関係する物質です。

ストレスを減少させる

ストレスによって早漏になる方も少なくありません。ストレスを体内で解消するには、多くのセロトニンが必要となるため、早漏を改善するセロトニンまで減少してしまいます。

趣味などを見つけ、うまくストレスを軽減していきましょう。

セックスの回数を重ねて慣れる

セックスの経験があまりない場合は、興奮しやすく刺激にも敏感です。そのため、挿入してすぐイってしまうなど射精のコントロールが難しくなります。こういう場合は何度もセックスして、挿入のタイミングや動かし方などのを調整しましょう。

また、2回セックスすることや、セックス前に自慰をすることで性欲をある程度コントールする方法もあります。

体位・プレイ方法を変えてみる

早くイってしまう原因の一つが体位です。体位によって刺激は異なるので、まずは最もイキにくい体位にするのがポイント。

どの体位が一番イキにくいのかは人それぞれなので、さまざま体位を試してみることで早漏を徐々に治していく方法です。

コンドームのサイズを厚いものに変える

普段使っているものより厚いものを使うと、感度が鈍くなり早くイクことを抑えられるかもしれません。ただし、2枚重ねて使うのは、コンドームが破けやすくなってしまうので絶対に避けてくだしあ。少しずつ慣れてきたら、薄いコンドームに変えてみると良いでしょう。

お酒を飲む

お酒を飲むと、神経が麻痺をするため、この状態でセックスをすると性的快感にも麻痺が及びます。ただし、勃起しにくくなる人もいるのでお酒の飲み過ぎには注意が必要です。その場だけのこともあるので、どうしても、というときに試してみてください。

パートナと一緒に早漏を治す

早漏は、病気ではなく気持ちと体によるものがほとんどです。早漏で悩む男性は、自信をつけるためにも、何度失敗してもいいから、実践してみるのが一番です。

お付き合いしている女性がいる男性は彼女に正直に話して一緒に克服してみましょう。自分が動きをコントロールできる体位ですることが重要です。

スピードや感覚を調整することができるので、射精のタイミングをつかみます。相談された女性は、敏感な男性に対して時間をかけてセックスを楽しめるよう色々試してみて。

関連した記事

久しぶりに妻をセックスに誘う方法:断りやすいサインを決めておく?

子育てや、仕事が忙しいなどが原因で、セックスの頻度...

2019年05月23日, ED・セックスレス

セックスレス夫婦は6割に..深刻化する夫婦のセックスレス問題

エイジングケアのアンファーが行った調査によると、3...

2019年05月23日, ED・セックスレス

彼がセックスしない理由・セックスが減った時の対処法

彼氏と付き合い始めた頃はたくさんセックスしていたの...

2019年05月23日, ED・セックスレス

いま話題の記事