我慢汁で妊娠する可能性を検証:我慢汁に精子は含まれる?

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 避妊・性感染症

「我慢汁しか出していないのに彼女が妊娠した」など、嘘のような話や噂を聞いたことがある人は多いです。

我慢汁とは、精液に似た成分のペニスを守る役割がある液体のことです。

実際にセックスの際はコンドームをしているのに、なぜ妊娠するのでしょうか。

挿入しなくても我慢汁によって妊娠することがあるのか、我慢汁の成分・妊娠確率・対策についてまとめました。ぜひ参考にしてください。

我慢汁(先走り汁)とは

我慢汁とは、カウパー液とも呼ばれ、男性が性的興奮を実感し、勃起した際にカウパー腺から分泌される体液のことを指します。「先走り汁」とも呼ばれますが、正しくは「尿道球腺液」と言います。

我慢汁は男性が性的に興奮した時に分ぽつされ、触ると少しヌルヌルし、糸を引きます。無色透明で無臭です。

我慢汁の役割は、一つは弱酸性になっている男性の尿道や女性の膣内をアルカリ成分で中和すること、もう一つは粘膜を保護し、滑りを良くするためと言われています。

我慢汁によって妊娠しやすい状態に整えてくれるものの、我慢汁そのものは精液とは異なるため、精子は含まれていません。

しかし尿道に精液が残っている場合、我慢汁と一緒に排出されることがあります。なので射精していない場合でも妊娠する可能性はあります。

我慢汁と精液の違い

我慢汁はアルカリ性で、粘性があります。指で塗り拡げると乾燥しやすくなりますが、水分を与えると復活します。

我慢汁はだいたい1回あたり1ccほど分泌されます。ちなみに寝ているときに勃起しても、我慢汁は出ません。

一方精液は3割ほどが前立腺の分泌液で、残り7割が精嚢からの分泌液となっており、白濁色の混合物となっています。

なかには精子が含まれており、顕微鏡で覗くと動いているのが確認できるでしょう。

精嚢の分泌液には果糖が多く含まれておりこれが精子を動かすエネルギー源となります。また前立腺液はアルカリ性のため精子が死ぬのを防ぎます。

我慢汁は尿道のすべりをよくさせ、精子が飛び出るのを手助けする役割もあります。

我慢汁で妊娠するは本当か

結論から言って、我慢汁だけで女性が妊娠することはありません。我慢汁には、精液の通りをよくしたり、潤滑油になる役割はあっても、精子は含まれていないからです。そのため、純粋な我慢汁で妊娠する可能性はありません。

しかし、挿入やペニスへの刺激によって、我慢汁に精子が混じる可能性はあります。たとえば1度射精した後に、再度我慢汁が出る場合は、我慢汁に精液が含まれている可能性はあります。

しかし我慢汁に交じる精液の量は、妊娠させるには不十分な量なので、妊娠の可能性は低いと言えるでしょう。

妊娠する精子の基準値は、精液量1.5ml以上、精子濃度15×10の6乗/ml以上、運動率40%以上、正常な形の精子の割合4%以上となっています。しかし男性の精液の濃度は、体調や食べるものによって変化するため、一概には言えません。

なぜ巷では我慢汁で妊娠の噂が絶えないのか

学術上は我慢汁に精子は含まれていないのは事実ですが、巷では我慢汁で妊娠したという噂が絶えません。なぜなのでしょうか。

妊娠する可能性としては以下の行為が考えられます。

  • 精液を我慢汁のついた手でコンドームを装着してしまい、そのまま挿入した
  • 素股
  • コンドームを付けずに膣外射精
  • 手に我慢汁がついたまま膣内を愛撫
  • コンドームが途中で破損

いずれにせよコンドームを付ける前の段階や、付けずに挿入した場合、精子が何らかの方法で我慢汁と一緒に膣内に入ってしまえば、妊娠の確率はあります。

我慢汁に精子が含まれている場合は妊娠する可能性がゼロではないので、充分に注意しましょう。

我慢汁で妊娠しないための対策

我慢汁に精子が混じっていると妊娠してしまいます。その可能性をなくすには、しっかりと避妊対策を行う必要があります。ペニスを触った手を膣に触れさせないことや、コンドームをしっかりと着用することが大切です。

また低用量ピルなども効果的です。万が一妊娠してしまった場合は、72時間以内であればアフターピルで緊急避妊することもできます。しかし絶対妊娠しないわけではないので、産婦人科医に相談しましょう。

女性の体を守るためにも、責任をしっかりと果すためにも、望まない妊娠をしたくないのであればしっかりと避妊をすることが大切。女性の体に負担を掛けないよう、我慢汁や妊娠に関するリスクは認識しておきましょう。

関連した記事

”ピルを飲めば中出しOK”は本当か?ピルの種類と効果

避妊率が99パーセントと言われているピルですが、そ...

2019年05月23日, 避妊・性感染症

生理が来ない原因:正常な月経周期とは?

女性にとって生理はかなりうっとしいものですが、いざ...

2019年05月23日, 避妊・性感染症

オーラルセックスの種類やリスクを紹介:挿入しなくてもゴムは大事

オーラルセックスは普段意識していなくても、行為自体...

2019年05月23日, 避妊・性感染症

いま話題の記事