バイブの正しい使い方:気持ちいいバイブオナニーを実現するには?

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 女のオナニー(セルフプレジャー)

女性がオナニーするときや、セックスのプレイ中に使用するバイブ。アダルトビデオでしか見たことがないという人も、実際買ってみたけど、いまいち使い方が分からないという人もいるでしょう。

最近ではインターネットで手軽に可愛いバイブやアダルトグッズが手に入るようになったため、若い女性の間でも手の届きやすい存在となっているバイブ。バイブの正しい使い方について見ていきましょう。

バイブの種類

バイブとは主に女性が自慰行為をする際に用いる道具で、小刻みな振動により女性器や性感帯に刺激を与えるアダルトグッズのこと。別名「大人のおもちゃ」、最近では「セルフプレジャーアイテム」とも言われています。形状は様々で、男性器を象ったものから、たまご型の一見バイブに見えないオシャレな形状のものまであります。

またバイブと似た製品にローターがあります。ローターはバイブより一回り小さいアイテムで、バイブほどの強い刺激はなく初心者向け。

バイブは膣内に入れて使うもので、ローターよりも強い刺激が得られ、モノによってはクリトリスやアナルも同時攻めできるものもあります。

電マというものもありますが、これは電気マッサージ器の略。肩こりをほぐすように作られたマッサージ器を陰部に当てて使う人もいます。

バイブの正しい使い方

バイブを使うときは、できればローションを用意しましょう。最新のバイブといえども、やはり人間の肌よりは硬いので、ローションを使わずに挿入すると痛みがありますし、膣の内部を傷つける恐れがあります。汚さないために、布団の上にバスタオルを敷いてからオナニーするのがおすすめです。

まずは愛撫

少し濡れるまで、優しく指で愛撫します。濡れが足りない場合は、ローションを利用してください。

バイブでクリトリスを刺激したり、やさしく撫でたりしながら、十分に濡れ、入り口が膨らんできたら挿入してください。

バイブを膣に挿入

振動は弱のまま、バイブレーターの先端を膣へ少し入れてください。体になじんできたら、膣前壁に沿って奥へ進めます。

Gスポットに振動刺激

また、バイブを使う際にポイントとなるのがGスポット。Gスポットとは、性感帯スポットの一つで、膣口から3~5センチ入った膣前壁に存在しています。人差し指か中指を膣の入り口から入れ、第二関節くらいまで進めたところの恥骨の壁側あたりで、ここにバイブを当てると良いそうです。

強い性的快感を感じるには少し訓練が必要ですが、刺激されて気持ちよくなってくると膨らんできます。とても強い快感が得られ、ここで感じることができるようになればセックスの挿入でも、より大きな性的快感を得られるようになります。

バイブをピストンのように出し入れする

中が十分に濡れて緩んできたら、バイブでピストン運動を行います。上下に動かすだけでなく、浅めだったり、深めだっりを回してこすってください。

カリの部分を有効活用するとより気持ちいいかもしれません。コントローラーで強弱をつけてください。

イキそうになったら、バイブのピストン運動を早めて一気にイッちゃいましょう。

バイブオナニーで気持ちよくなるコツ

バイブを使うと中で感じる振動やクリトリスと中との同時攻め、そしてスイングと振動という2つの刺激を同時に味わうと、思わず声が出てしまうような快感があります。

性器の気持ち良いところを全て同時に愛撫されているようで、下半身全体が快感に包まれるような気持ちよさがバイブの特徴。 振動部をローターのようにして使ったり、テクニックもいろいろ。具体的にどんなものがあるのか、見ていきましょう。

クリトリスは最初は弱で刺激

クリトリスへの刺激は、最初から強くしてはいけません。攻めテクニックの基本は焦らしですから、弱い振動やちょんちょんと掠めるように当てることで、女性に弱くて物足りない刺激をしばらく与え続けます。

女性の反応からそろそろかな、と感じたらしばらく弱振動で当て続け、そこから一気に振動を中や強にして昇天まで導きましょう。

乳首への刺激

乳首はあまり強いと痛い場合があるので、弱でじわじわと攻めていくことが大切です。乳首の先端にちょん、ちょんと当てたりしばらく当てたり、変化を付けて攻めます。

乳首にもローションをたっぷりつけることで、快感は倍増します。乳首をブルブルさせることは、じらされているみたいで、もどかしい快感を味わうことができるのです。

乳首をバイブでたたせて、指ではじくのも気持ちがよいのです。

角度をつけて挿入する

挿入する時に角度に微妙な変化をつけてみることもオススメです。そうすることでスウィングが大きくなります。

また普通に挿入するよりもバイブのボディーラインを感じる事ができるので、イボイボ付きのバイブは魅力をさらに引き出す事ができます。それに加えピストン運動は欠かさなければ、とても気持ちよくなります。

Gスポットとクリトリス、同時攻め

ほとんどの女性はバイブでGスポットだけを刺激するからイクわけではありません。同時に、クリトリスへの刺激も必要だからです。

ペニスの形をしたバイブの先に、クリトリス刺激用の小さな突起物が付いたバイブレーターが今は人気です。

おすすめはマリンビーンズというバイブ。薄いブルーのデザインが可愛く、初心者にもおすすめですが、振動はパワフル。

先端部分だけでなく、クリトリス部分も振動します。今まで弱い振動で満足できなかった方も、満足できるでしょう。詳しくは下記のサイトをチェックしてみてください。

大人のおもちゃを試してみる

バイブを当てると気持ちいい場所

Gスポット

Gスポットは人差し指か中指を膣の入り口から奥へ、恥骨に向かって軽く押し付けるようにして、第二関節くらいまで進めると指先あたりにあります。探し当てたら最初は振動を弱めに、途中から強くしてみましょう。

Gスポットで感じすぎると潮吹きが起こることもあり、ジワーッと腰全体に広がる気持ちよさを感じられます。

膣の中

バイブを使っていると膣が開発されて、膣の中でも感じられるようになるのもメリットです。膣の中は、本来はとても快感を感じにくい鈍感な部分で、なかなか中で感じる、特にイけるという女性は多くはありません。

バイブを使うことで膣の中が感じやすくなってきて、セックスの時でも挿入でイケることが多くなり、男性と一緒にイくこともできるのは、より良い性生活を送るにあたってとても大きな利点です。

ポルチオ

ポルチオとは、膣の奥の方に存在する子宮口のことです。触るとコリコリしていて、軟骨っぽい感じがします。ポルチオ強烈な快感を感じることの出来る部位であり、ちゃんと開発すればGスポットの何倍も気持ちいいと言われています。

ポルチオを刺激された時は、 クリトリスやGスポットを刺激された時とは 全く違う反応が起きることが多いです。頭が真っ白になって勝手に背中がのけぞり、 声も自分の意志では抑えられなくなります。

声の種類も、普通の時の愛撫とは全然違うものが勝手に出ます。気持ち良すぎて身体が声を出すのを忘れ、 声が出ていない時すらもあるそうです。

クリトリス

クリトリスで女性をイカせることは、そんなに難しいことではありません。クリトリスは女性にとって一番の性感帯だからです。

疲れることを知らないバイブは、女性がイクまで刺激を続けるのが利点です。男性と比べてイキにくい女性にとっては、長時間気持ちいいところを攻められるというのが一番気持ち良く、また普段からもイキやすくなりますし幸福感も感じられます。

背中

背中を愛撫しない男性が多いですが、これは非常にもったいないことです。女性の背中は神経がたくさん集まった性感帯の一つに他なりません。

背中を撫でながら、少しずつ腰や脇腹を愛撫されるのも快感です。いきなり乳房を揉まれるのではなく、脇腹あたりから少しずつ焦らされると女性は非常に快感を得ます。また、背中をバイブで刺激すると、これまでにないほど感じることができるでしょう。

バイブを使うときの注意点

バイブは場合によっては女性を傷つける場合がありますので、以下の点に注意して使いましょう。

強引に入れない

まず注意する点を挙げるならば、 とにかく強引に入れないこと。ちょっと入れにくいと思ったら、ローションを多めにつけたり、他の場所を愛撫するなど焦らずじっくり攻めていきます。

バイブは直接女性器に挿入して刺激を与えるグッズです。無理に挿入すれば痛みを与えてしまいますし、慣れていない女性にとっては異物感の方が強くなってしまいます。

男性器のときと同じように、挿入するタイミングやコンディションに気を付けましょう。十分に濡れてきてから入れるか、ローションを使うことが大切です。

Gスポットへの刺激

Gスポットへの刺激は、最初は50%程度の振動で充分です。なるべくGスポットにバイブのくびれ部分を引っ掛けるようにして狙います。

注意するべきは、この時点でも手の動きはゆっくりということです。アダルトビデオのように激しい愛撫では、女性は痛みしか感じないことが多くなります。

前戯やムードも大切にしてGスポットを刺激すれば、クリトリスとの同時攻めでイキやすいでしょう。

クリバイブ

クリバイブというのは、挿入した時にクリトリスの部分に当たるバイブのことです。これがあると、挿入時にも中とクリトリスを同時に刺激することができます。

中とクリトリスの同時責めは、女性の性感を非常に刺激します。クリトリスを責めるときはバイブの先にローションをたっぷりと塗りこむのがコツです。ほとんどの女性にとって一番感じるポイントだからこそ、効果的に刺激しましょう。

アダルトグッズAmazon公式

女性器以外にも効果的

バイブを使った王道プレイはやはり女性器への挿入ですが、愛撫に使うのも実は効果的です。

最初は耳元やうなじから攻めていきます。ここを攻められると意外に弱いという人も多く、新たな性感帯が発見できるかもしれません。

また、バイブを挿入する前に女性器周辺を愛撫してより快感を高めておくことが大切です。特に太ももの付け根の部分を攻めると効果絶大、女性器に来るかと思わせておいて太ももに刺激を与えることで、意外な快感を感じてしまいます。

ピストン運動でジワジワと刺激

大抵のバイブの長さであれば、ポルチオ性感帯に充分届きます。手の動きはなるべく水平に直線的にし、最初はゆっくりと動かして徐々にスピードを上げます。

バイブは疲れを知りませんし、手で動かしていますから細かく動かすこともできます。時にはいじわるに焦らしたり、リズミカルなピストンを崩したり、左右に振ったりと、ペニスではなかなか出来ない刺激を与えてみましょう。

バイブ使用後の処理

バイブを使い終わったら、きれいに洗い流すようにしてください。オナニーやセックス後にすぐに洗いにいくのは気がひけるかもしれませんがバイブは身体の中に入れるものです。

洗わずに放って置くと、細菌が残ってしまい、病気になってしまう可能性もあるので、清潔にしておくことを心がけましょう。

きれいに洗い終わったら、ほこりなどがつかないようなタオルにくるんで保管しましょう。より清潔にバイブを保ちたいという方は専用の洗浄液でケアすることをおすすめします。

関連した記事

勃起力をUPさせる「コックリング(コックバンド)」の使い方と注意点

最近勃起はするけど、固さが持続しない。そんな悩みを...

2019年07月04日, 女のオナニー(セルフプレジャー)

はじめてのディルドオナニー!初心者におすすめのディルドを紹介

オナニーグッズ大手のTENGAの調査によると、女性...

2019年07月04日, 女のオナニー(セルフプレジャー)

クリキャップで充実のオナニーライフ!クリキャップの使い方と注意点

最近オナニーをしていてもマンネリ。もっと快感を味わ...

2019年07月04日, 女のオナニー(セルフプレジャー)